2018年4月6日

日和田山の岩場、箒沢権現山、古賀志山。

今週も山に向かう日が続いています。

4月3日は奥武蔵の日和田山の岩場へ。
自分で企画したガイドプランであり、主に男岩の初級ルートに取り付きました。

登山靴を履いて岩場を登下降する練習でした。

4月4日は、丹沢の箒沢権現山へ。
ここは登山道のない山なのですが、山頂には「丹沢山塊百名山」と記された標識が設置されていました。

下山後には、畦ヶ丸へ向かう登山道の近くを流れ落ちる、下棚という40mの大滝にも立ち寄りました。

4月5日は栃木県の古賀志山へ。
山麓はちょうど桜が見頃となっていました。

何度も登っている古賀志山ですが、いつもは東稜や中尾根といった岩尾根ばかり。
今回は普通に歩くことのできる、北コースから登って南コースを下山しました。

◆    ◆    ◆

その他、近況です。

この春は桜がとてもきれいでしたが、私も時間をとって都心部へ出向き、千鳥ヶ淵や増上寺で夜桜を見物してきました。

さて明日は、自分の企画したガイドプランで奥武蔵の平戸の岩場へ行ってきます。
天気が不安定で中止しようかとも迷いましたが、昼前後は晴れそうなので、予定通り実施にきめました。

あさっては風の旅行社の登山教室を引き継ぐ形で、中央本線沿線の倉岳山へ。
先日下見をしてきた、北稜一ノ尾根から登ります。

その後来週は『週刊ヤマケイ』の連載「登山者のブックシェルフ」の原稿を書いたり、風の登山教室を実施したりと、比較的多忙な日が続く予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿