2017年6月26日

岡山の山2つを登ってきました。

先週は以前住んでいた、鳥取県の米子市に行ってきました。
かつてお世話になった皆さんへの、ご挨拶というか顔見せが目的でした。
ただし時間が限られており、会えない方も多くて残念でした。。

そうは言いつつも、滞在中には時間をとって山も登ってきました。

6月20日は、鳥取―岡山県境の中蒜山へ。
中蒜山の頂上。
明るく開けた爽快な山頂です。

山頂直下では、ちょうどヤマツツジの花が満開で見事でした。
また今回のコースは、塩釜冷泉の登山口からのピストンでした。

6月22日は和気アルプスの神ノ上山へ。
これまで30回くらい訪れている和気アルプスですが、ダンガメ稜というコースは登ったことがなく、今回はそれをたどりました。
途中ではノーマルルートより難易度の高そうな、フランケの岩場をたどりました。

岩場を抜けてたどり着いた神ノ上山は、以前はなかった山頂標識が設置されていました。
同行の方とあれこれ世間話をした後は、鎌尾根リッジをたどって下山。

和気アルプスからの下山後は、ただちに岡山駅に移動し新幹線に乗車。
岡山にもお世話になった方は多く、お顔を見たかったのですが今回は急いで帰る必要があり、残念ながらお声掛けすることなく離れてしまいました。
米子や岡山は、またたっぷり時間をとって訪れますので、その時にはもっと多くの皆さんとお話したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿