2016年11月7日

昨日までは群馬県の山、明日からは鳥取県へ。

昨日までの週末2日間で、群馬県の東吾妻町の山を登りに行ってきました。

土曜日は風の旅行社の登山ツアー「邦岳探訪の旅」で嵩山へ。
普通に歩けば2時間ほどで下山できる山ですが、今回は鎖場、胎内くぐり、そして三十三観音の石仏めぐりとあちこち寄り道し、たっぷり5時間近くもかけて探索しながら登ってきました。

日曜日は山岳ライターの小林千穂さんをアシスタントガイドとして迎え、私のガイドプランで岩櫃山に登ってきました。
コースは先月末に、通行止めが解除になったばかりの密岩通り登山道を登り、尾根通り登山道をくだって岩櫃城址を回るもの。
岩場、鎖場に加えて現在人気の戦国武将・真田氏の足跡もたどる、こちらも盛りだくさんの登山でした。

◆    ◆    ◆

さて私はこの後は、明日から5泊6日の予定で鳥取県に出向きます。
NHK文化センター米子教室の「ゆっくり歩く登山教室」に同行したり、久し振りに大山に登ったりする予定。
帰宅は13日(日)の夜遅くになる見込みです。

なお、帰宅後となる来週の水曜日には、風の旅行社主催「風の登山教室」の机上講習が実施されます。
今回のテーマはビバーク。
ツェルトの使い方やビバークの実際についての説明をする予定です。
参加費は無料なので、興味のある方はぜひご参加ください!
お申込み方法は以下のリンク先に記載されています。

▼風の登山教室へのリンク

木元康晴さんと学ぶ 風の登山教室(2016年) | 風の旅行社

また次回の「邦岳探訪の旅」は、12月3日(土)秩父の武甲山の予定です。
下山後には秩父夜祭も見学する、盛りだくさんの内容です。
こちらは実施まであと一息といったところ。
ぜひお申込みいただければと思います!
お申込み方法は以下のリンク先に記載されています。

▼邦岳探訪の旅へのリンク

12/3(土) 浦山口から登る武甲山と秩父夜祭「大祭」見学 | 風の旅行社

それとご案内が遅くなってしまいましたが、先週配信された週刊ヤマケイには、私の連載『山岳遭難防止術』の第16回目が掲載されています。
今回のテーマは、この時期の日没の早さに起因する危険について。
以下のリンク先から閲覧可能なので、ぜひ読んでみてください。

▼週刊ヤマケイへのリンク

週刊ヤマケイ2016年11月3日配信通巻216号

0 件のコメント:

コメントを投稿