2016年9月26日

昨日は燧ヶ岳、明日からは乗鞍岳と焼岳へ。

昨日までの2日間は、風の旅行社の登山ツアー「邦岳探訪の旅」で尾瀬の燧ヶ岳を登りに行ってきました。

天候がはっきりしない日が続いていましたが、昨日は絶好の晴天。
爽快な気分で、燧ヶ岳を登ることができました。
登りでたどったコースは、北面の御池登山道。
この写真は、二つの大きな池塘がある熊沢田代を上から見下ろしたところです。
燧ヶ岳の頂上に立った後は、長英新道を下って一ノ瀬に向かいました。

今回は2日目の早朝に、尾瀬御池ロッジを出発。
燧ヶ岳そのものは日帰りで登っています。
初日は電車とバスを乗り継いで尾瀬御池ロッジまで移動し、余った時間で裏燧林道を散策しました。
裏燧林道で本格的な紅葉が始まるのは、もう少し先になりそうでした。

◆    ◆    ◆

今日は少し前にやった失敗の後始末をするため、朝から昼過ぎまで外出。
この後始末、あと半日程度は要しそうで頭が痛いところです。。

午後は雑誌『山と溪谷』11月号の記事「季節の山歩き」の最後の校正を済ませてから、明日からの登山の準備を進めていました。
明日からは3日間を費やして、鳥取県の米子市から来る皆さんをご案内し、北アルプスの乗鞍岳と焼岳を登る予定。
それが終わると、私の今年の夏の繁忙期は終了です。
その後は溜まっていた各種事務仕事などを、片付けていくつもりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿