2016年6月5日

千曲川源流遊歩道から甲武信ヶ岳と三宝山へ。

福岡県の旅行会社の依頼を受けて、登山ツアーのガイドとして奥秩父に行ってきました。
行き先は、埼玉県最高峰の三宝山。
日本百名山に選ばれている甲武信ヶ岳のすぐ北に位置する、少々地味なピークです。
この旅行会社では、全国の都道府県の最高峰を登るシリーズを実施しており、このツアーはその一つとのことでした。

前日は羽田空港でお客様たちと合流。
バスで長野県の川上村に移動して、前泊をしました。
翌日は早朝より行動を開始し、まずは千曲川源流遊歩道から甲武信ヶ岳を目指しました。
これは千曲川源流遊歩道の途中では、一番の見どころとなるナメ滝。
穏やかながらも、少しダイナミックさも感じる滝です。

千曲川信濃川水源地標を過ぎ、奥秩父の主稜線に出てわずかに東に進むと、甲武信ヶ岳の頂上です。
20代の頃は、年に2~3度も登った頂上ですが、最近はめっきり訪れる回数は減りました。

甲武信ヶ岳の山頂からは、三宝山頂上をピストン。
少々地味ではありながらも、今回のツアーではここが目標のピーク。
お客様たちは感慨深そうにしておられました。

さらに東に進んで、この日は甲武信小屋に宿泊。
小屋前のキャンプ地には何度も泊まっていますが、小屋に泊まるのは実は今回が初めて。
思っていた以上に快適で、夕食のカレーもとても美味しくいただきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿