2016年6月27日

富士山・吉田口コース(2日目)。

海外の高峰を目指す方の、高所順応のための富士登山の2日目は、宿泊した佐藤小屋の前で御来光を見るところから始まりました。

黒い水平線から登る、オレンジの太陽…見慣れた景観だとも言えるのですが、それでもいつも荘厳さを感じます。

御来光が登っている最中、ふと背後を見上げたら、富士山の頂上方面がモルゲンロートで赤く染まっていました。
少し離れた山からだったら、きっと見事な赤富士が見れたのではないかと思います。

御来光を見た後は佐藤小屋で朝食をいただいて、登山スタートです。
これは七合目の区間を登っているところ。

これは八合目最下端(実質は七合五勺くらい)の山小屋を見上げたところ。
赤と黄色の布は、寝袋でした。

長い八合目の区間を通過すると、頭上には九合目と、吉田口頂上が見えてきました。

2016年6月27日 久須志岳頂上 - Spherical Image - RICOH THETA

最後の急登を気合で登り、待望の吉田口頂上へ。
今回はお鉢めぐりはせずに、久須志神社の奥にある、久須志岳の頂上にのみ登りました。

下山路は上部は使用不可だったのですが、本八合から下は通行しても構わないとのこと。
ブルドーザーも通る、赤い砂地にジグザグに付けられた道を駆け下りるように歩いて、五合目へ下山しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿