2016年6月22日

八ヶ岳・赤岳 真教寺尾根から県界尾根(2日目)。

夏山登山のためのトレーニング山行としての八ヶ岳登山の2日目は、赤岳から県界尾根の下降です。

宿泊した赤岳頂上山荘から外に出ると、ガスがかかって展望はなし。
この標識のところから急に下る、県界尾根に向かいました。

県界尾根の上部は、ザレ場や歩きにくい傾斜のハシゴが連続。
最後は垂直に近い短いハシゴを下り、妙義山を思わせる急な鎖場を下降。
これを下りきると、もう際立って難しい箇所はありません。
今回は赤岳頂上山荘を出てから、この鎖場を下りきるまでの所要時間は、ちょうど1時間でした。

途中の、大天狗のピークに祀られていた天狗の石像。
頭が落ちて、代わりに石が置かれていました。

さらに下って防火線の頭へ。
この先の分岐は、野辺山方面へ。

車道に出てからは、高原野菜を栽培する野辺山高原の中を長く歩きました。

かわいいうさちゃんや牛が置いてある、野辺山駅にはお昼前に到着。
この後は電車の乗り継ぎのタイミングもよく、順調に都内に戻ることができました。

0 件のコメント:

コメントを投稿