2016年4月15日

大菩薩連嶺・滝子山・東稜から浜立尾根。

体力トレーニングをしたいというClimibing Club ZOOの仲間のお供をして、大菩薩連嶺南端の、滝子山に行ってきました。
コースは初狩駅から東稜を登り、頂上を越えて浜立尾根を下る、日帰りとしてはやや長いもの。
ところがこの日の私はちょっと風邪気味で、無理のないペースでゆっくり歩かせてもらったため、結果としてはあんまり体力トレーニングにはならずに終わってしまった感じでした。。

これは東稜の核心部となる、御正人ノタル。
この鞍部に降り立つまでが、白いザレの急斜面で要注意の部分です。

たどり着いた滝子山の頂上から見た富士山。
手前は三ツ峠山。

頂上からは岩場の交じる急な尾根を西へ。
少し進んだ南稜の分岐までは、私は5回くらい歩いているのですが、そこから先は初めて。
地形図に示される1482mのピークに、浜立山の標識がありました。

浜立山からは、比較的なだらかに延びる浜立尾根を下降。
道証地蔵のやや上で一般道に合流し、笹子駅を目指しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿