2016年4月17日

表妙義・石門巡りから中間道。

風の旅行社による登山ツアー「邦岳探訪の旅」のガイドとして、群馬県の妙義山に行ってきました。
コースは、妙義山では唯一の一般向けと言える、石門巡りから中間道でした。

スタートはさくらの里から。
桜はちょうど満開でした。

まずは歩いて第一石門を通過。

核心部となる、第二石門の鎖場。
これはつるべさがりを下っているところ。

第三石門。
これは枝道の先にある石門であり、潜ることはせず覗くだけ。

広場となっている、第四石門の前。

その先で、鎖場を伝って天狗の評定にも寄り道。

天狗の評定の分岐からは中間道へ。
このような庇状の岩場を下ったり、長い階段を降りたりしながら、トラバース基調で進みます。

これは中間道の真ん中辺りにある、第二見晴と呼ばれる展望スポットから見た金鶏山。
現在は登山禁止となっている岩峰群です。

最後は妙義神社に下山。
拝殿右側の、可愛いうさちゃんを見てからもみじの湯に向かい、ひと風呂浴びて帰路につきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿