2016年4月16日

奥多摩・鉄五郎新道から御岳山。

奥多摩の御岳山に行ってきました。
風の旅行社主催・風の登山教室の、地図読み講習でした。

コースは、50年くらい前のガイドブックには取り上げられていたという、鉄五郎新道。
出発地点はJR青梅線の古里駅で、たくさんの花が咲いていてとてもきれいな、寸庭集落の奥が登り口となります。

鉄五郎新道の前半は、越沢右岸のトラバース道。
ランドマークや指導標はなく、途中で横切る沢や尾根、そして木立の合間に見える遠くの鉄塔などから、現在位置を推定していくことになります。

鉄五郎新道はこの時期は、イワウチワの花が見れることで人気です。
今回は下の群生地は既に散りきっていましたが、上のほうはちょうど満開。
可愛らしい花を楽しむことができました。

鉄五郎新道の後半は、明瞭な尾根筋です。
特に広沢山を過ぎると傾斜も一気に緩み、電波塔の脇を登れば大塚山の頂上に到着。
ここからはピクニック気分でも歩けそうなくらいの、しっかりした登山道に変わります。

最後は参道を登って武蔵御嶽神社に参拝。
そして御岳山の頂上となる、本殿奥の奥宮遥拝所にもしっかりと立ちました。
この後は御岳登山鉄道の御岳山駅に移動して、地形図を広げて歩いたコースを確認。
皆さんに納得していただいた上で、登山教室も終了となり、ケーブルカーに乗って帰路につきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿