2016年4月5日

2016年4月5日 奥多摩・日の出山(北尾根)。

風の旅行社で10月22日(土)に実施予定の、風の登山教室山のナビゲーション実践講習の下見で、奥多摩の日の出山(ひのでやま・902.0m)に行ってきました。
コースは、登山道整備のされていない北尾根。
ただし標識類はないものの、歩く人は多いみたいで、踏み跡そのものは比較的しっかりしたところでした。

JR青梅線の御嶽駅から、御岳山ケーブルカー方面へ歩いて北尾根の登り口に向かいます。
当日の天気は雨。
各種予報では曇りだったのですが、下山するまでやむことはありませんでした。

人工林と自然林とが交互に現れる、北尾根の様子。
同行者はニコニコしていますが、けっこうな急登の上、止まると寒くて終始歩き続けたため、けっこう苦しい登りでした。

足早に登ってたどり着いた、日の出山の頂上。
カップヌードルのお昼ごはんを食べて、早々に下山路に向かいました。

下山先は定番のつるつる温泉でした。
冷たい雨の降る平日だったためでしょう、いつもの混雑はなく、お風呂はガラガラで快適でした。
この機関車型の青春号に乗って、JR五日市線の武蔵五日市駅へ向かい、帰宅しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿