2016年3月29日

「風の登山教室」で地図読みの机上講習を行います。

風の旅行社主催の、「風の登山教室」を来週の水曜日(4月6日)に行います。

今回のテーマは、「地形図に記された等高線の表現に迫る」。
参加費無料の、机上講習です。

実際の地形を平面に落とし込んだ地形図の表現の中でも、登山において最も重要なのが地面の高低を示した等高線。
今回はその等高線を読み取って、ピークや尾根、コル、沢筋といった地形や、さらには具体的な山の姿までイメージできるよう練習してみます。
道の分岐で右左を確認するだけではない、より本格的な地図読みをマスターしたい方にオススメの講習です。

等高線を読みこなすためのポイントを説明します!

開催会社名:風の旅行社
開催日:2016年4月6日(水)
開催時間:19時00分~20時30分
会場:風の旅行社 セミナールーム
住所:東京都中野区新井2-30-4 IFOビル7階(〒165-0026) ※中野駅から徒歩約10分。

講師名:木元康晴
受講料:無料
お問合せ&お申込みはこちらへ風の旅行社
電話:0120-987-553 (担当:荻原、平野、川上)
メールinfo@kaze-travel.co.jp

机上講習とセットになった実践講習は、4月16日(土)に実施予定。
行き先は奥多摩の、JR青梅線古里駅から登る鉄五郎新道です。
『山と高原地図』にもコースが記されないこの尾根で、地形図の等高線と、実際の地形の起伏とを照らし合わせつつ現在位置をとらえながら登ります。

ランドマークの乏しい鉄五郎新道は地形図が頼り。タイミング合えばイワウチワの花が見れるかも?

▼机上講習について

机上講習 地形図に記された等高線の表現に迫る | 風の旅行社

▼実践講習について

実践講習 山の地形から確かめる地形図の表現 | 風の旅行社

▼風の登山教室のスケジュール

風の登山教室 | 風の旅行社

0 件のコメント:

コメントを投稿