2016年2月22日

雑誌『山と渓谷』の2016年3月号。

現在店頭に並んでいる『山と溪谷』の特集は、「総点検!山の“カラダ”」。
歩き方や登山で必要となる体力、そして登山によって生じるリスクへの予防法と対処法などが、簡潔にまとめられています。
私も最近、ハードな山行の後には体の節々が痛むようになってきたので、この特集を参考にして、予防とケアに取り組むようにしたいと思いました。
ちなみに前号(2月号)巻末の、この特集の予告ページでは、私の写真が大きく使われていました。
そのためか、
「いったい、どこのページを書いたのですか?」
とのお問い合わせもいただくのですが、私は今回は、特に執筆や監修はしていないです。。
執筆者はトレーナーや山岳医の方であり、とても科学的な内容の特集としてまとまっています。

いっぽう、私が登場しているのはこのページ。
友人であるイラストレーター・橋尾歌子さんの連載「それいけ避難小屋」です。
掲載されたのは、昨年一緒に登った中央アルプス・空木岳(うつぎだけ・2863.7m)登山の2泊目に利用した、空木平避難小屋の様子。
苦しい場面もあった山行ですが、とても楽しい雰囲気にまとまっています。
山行中の様子は、以下のリンク先からご覧になってみてください。

▼関連エントリー

池山尾根から空木岳へ(1日目)。 (2015年12月22日)
池山尾根から空木岳へ(2日目)。 (2015年12月23日)
池山尾根から空木岳へ(3日目)。 (2015年12月24日)

ところで今回の本文中にもあるのですが、歌子さんと空木岳を目指したのは、このときが2回目だったのでした。
2013年の末に向かった1回目は、かなり下の池山小屋までで敗退。
そのときの様子も、『山と溪谷』2014年5月号の「それいけ避難小屋」に掲載されています。
雑誌『山と渓谷』の2014年5月号。

参考までに、そのときの山行記録のリンクも以下に載せておきます。

▼関連エントリー

中央アルプスの池山小屋へ。 (2013年12月24日)
展望良好! 中央アルプス前衛の池山。 (2013年12月25日)

▼Amazonへのリンク(Kindle版)

山と溪谷2016年3月号 [Kindle版]
『山と溪谷』、今から新たに購入するならばKindle版がオススメです。
PCにKindleアプリをインストールすれば、快適に読めると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿