2016年1月23日

邦岳探訪の旅「鋸山」を2月13日に延期します。

本日実施予定だった、風の旅行社主催『邦岳探訪の旅』の、「鋸山・車力道からアドベンチャーコース」を、2月13日(土)に延期しました。
今日の天気予報は、午後から雪。。
行動中に冷えるのも辛いですが、参加者の皆さんのご帰宅に影響が出てはまずいと考え、無理はしないことにしました。
そのため現在、改めてお申し込みを受け付け中です。
見どころたくさんのとても面白いコースなので、ぜひご参加いただければと思います!

◆今回のコースの見どころ

●東京湾を望む展望台

別名「地球が丸く見える展望台」とも言われる、鋸山(のこぎりやま・329.5m)随一の展望スポットに立ち寄ります。
鋸山というと普通は、ロープウェイで登って大仏のある日本寺を回る、観光地という印象があるかと思います。
そこにも一応、頂上展望台はあるのですが、本当の頂上よりは30mほども低い場所。
頂上と言いながらも、向こうにはもっと高い山並みが見える場所なのです。
しかしこちらの展望台は、本当の頂上(こちらは残念ながら展望今ひとつ)の間近にあって、本当に絶景を望むことができます。
写真でも確かに、水平線が丸みを帯びて写っています。
ぜひ一度はここに立って、海を見渡してみるとよいと思います!

●本当の頂上

展望は今ひとつとは言え、やはり本当の頂上に立てるというのは嬉しいことです。
ここには一等三角点も設置されています。
さらに興味深いのが、国土地理院による菱形基線測点。
この写真の手前側にある、八角形に形どられた石が、その測点です。
これは地表面の水平方向の変動を調べるために設置されたものであり、三角点とは違って国内にわずかしかない、とても貴重なものです。

●岩舞台

江戸時代から1982年まで、質の良い石材の山地として、盛んに採石が行われていた鋸山。
当時の様子をもっともよく残すのが、この岩舞台です。
はるか高い位置に「安全第一」と文字が刻まれていたり、また奥のほうでは採石機械の残骸も見ることができます。

●ラピュタの壁

石切り場跡を下から見上げるだけでなく、その壁面間際から望める展望スポットもあります。
ここは2014年から2015年にかけて行われた、登山道整備事業によって安全に歩けるようになった場所。
愛称どおりアニメ映画の中に入り込んだような気分になれる、高度感満点の景色です!

●池

石切り場の一角には池、というか水たまりがあって、なぜかニシキゴイが泳いでいます。
ツアー当日はエサを持っていって、食べさせてあげようと思っています。

●アドベンチャーコース

いろいろ見どころを挙げましたが、やはりいちばん面白いのは、ツアータイトルにもなっている、「アドベンチャーコース」の部分でしょう。
ここは一般登山道としての整備はされておらず、道は不明瞭。
山慣れた人でないと、立ち入ることもちょっと難しいと思われます。
コース中には、石切り場のトンネルを潜ったり、狭い回廊を通ったりという場所も。
他では体験できない山歩きが楽しめます。

急斜面を下ったり、岩場を登ったりする場面も現れます。
他にも細い階段を登ったり、少しだけヤブをこいだりもする、確かにアドベンチャーなコースです!

●お問い合わせ/お申し込みはこちらへ

問合せ&申込み風の旅行社
電話:0120-987-553 (担当:荻原、平野、川上)
メールinfo@kaze-travel.co.jp

▼ツアーの詳細はこのリンク先をご覧ください

1/23(土)鋸山・車力道からアドベンチャーコース | 風の旅行社

0 件のコメント:

コメントを投稿