2015年12月31日

2015年12月29日 三浦半島・鷹取山。

岩稜コースを歩くためのトレーニングとしての、岩登り講習を実施しました。
場所は三浦半島の鷹取山(たかとりやま・139m)。
市街地の中にある岩場として、古くから多くのクライマーに親しまれてきた場所です。

これは子不知南面の、Ⅲ級ルート。
初級者が手順、足順をしっかり考えることを学ぶには、良いルートです。

京浜急行追浜駅から歩いて20分くらいで到着する、鷹取山登山口。
岩場に着いてまず最初は、ヘルメットとハーネスの機能について説明し、続けて基本的なロープワークを練習しました。

その後、あまり高くない階段状の岩場で、三点支持の動作を練習。
一通り基本を学んでから、高さのある岩場に向かいました。

岩場は登りやすい形状のものだけでなく、やや特殊なパターンも体験しておいたほうが、いざという時には役立ちます。
これは手足を左右に突っ張りながら、凹角を登る練習をしているところ。

お手洗いのある広場からは、たくさんの船が行き来している東京湾の様子を見渡すことができました。

2016年は、こういった岩登り講習も定期的に実施する予定です。
日程等決まったら、適宜お知らせしたいと思います。

▼参考書籍

0 件のコメント:

コメントを投稿