2015年12月28日

2015年12月27日 丹沢・大山北尾根。

丹沢の大山(おおやま・1252m)に行ってきました。
「大山」と書くと、私はついつい「だいせん」と読んでしまいますが、丹沢のほうは「おおやま」です。

コースはヤビツ峠から普通に頂上に立ち、登山道でないコースの入門的コースの北尾根から下山。
北尾根は読図力、ルートファインディング力の求められる、面白いところでした。

これは北尾根前半部を歩いているところ。
左右が切れ落ちたヤセ尾根になっているところもあって、思いのほか変化に富んだ尾根でした。

登山の起点は、ヤビツ峠。
お手洗いの前でくつろいでいたら、バスで大勢の登山者がやって来たため、渋滞に巻き込まれないようにと急ぎ足でイタツミ尾根を登ります。

イタツミ尾根の途中には、鎖場もありました。

途中の開けた場所から見た、丹沢主脈方面。

たどり着いた、大山頂上。
大勢の登山者で賑わっていました。

山頂北側の電波施設の先の、防獣ネットをこの脚立で越えて北尾根へ。
しばらくの間は、森林整備用のモノレール沿いに歩きます。

やがてヤセ尾根の区間を通過し、西沢ノ頭に到着。
その一段下の平坦地で、お昼ご飯を作って食べました。
(珍しく、ちゃんと調理をしました)

尾根に戻って続きを歩いていると、大きなヌタ場が現れました。
きっと夜中にここで、イノシシがゴソゴソと体をこすっているのでしょう。

ミズヒノ頭を過ぎて、崩落地の上端となる展望の良い区間を通過。

さらに滑りやすい急斜面を下って、高圧送電線の新多摩線16号の下を潜ります。
このすぐ先で一ノ沢峠に向かう道と離れ、左手の尾根を下降。

人工林中心の尾根道を下り、この少し先で車道に下山。
しばらくは車道を歩きます。

青山荘という山小屋のところで車道を離れて、沢沿いの登山道からヤビツ峠へ。
この道は荒れていて、もっともルートファインディングの難しい区間でした。

<参考コースタイム>

ヤビツ峠(09:40)―大山(10:34~11:04)―西沢ノ頭(11:33~12:38)―ミズヒノ頭(12:57)―16号鉄塔(13:10)―車道(13:47)―青山荘(14:22)―ヤビツ峠(14:47)

▼参考書籍

誰も知らない丹沢 (未知の道シリーズ)

0 件のコメント:

コメントを投稿