2015年11月2日

2015年11月1日 房総丘陵・鋸山の下見。

昨日は千葉県・房総丘陵の、鋸山(のこぎりやま・329.5m)の下見に行ってきました。
これまで何度か足を向けている鋸山ですが、最後に登ったのは1993年の秋。
今回は23年ぶりということになります。

細かい部分はほとんど忘れていましたが、それでもところどころ記憶が呼び起こされる箇所もあり、懐かしさを感じつつ歩きました。

しかし今のほうが、たぶん以前よりも登山道の整備範囲が広がっていて、たくさんの見どころを回れるようになっているのでしょう。
記憶に残る以上に変化に富んだ、とても楽しい山歩きになりました。

スタートは内房線の浜金谷駅。
しばらくは住宅の中の舗装路を歩きます。

出だしは「車力道」コースを進み、途中からバリエーションコースの「アドベンチャーコース」へ。

顔みたく見える、可愛い祠がありました。

急な斜面を下りきったところの右手には、石切り場の回廊があったので寄り道。
ここは通り抜けはできないため、引き返すことになります。

アドベンチャーコースの核心部と言える、垂直岩。
足を置ける段差や打たれた杭があるので、岩場に慣れた人であれば特に問題なく登れるのではないかと思います。

さらに階段の刻まれた急登を進み、平坦になったらテープを探しながら左の枝尾根をたどります。

一等三角点の設置された、鋸山頂上。

頂上からは一般道を歩いて、東京湾を望む展望台へ。
海もきれいでしたが、ススキがとってもきれいでした。

ここからはかなり急な階段を下降。

途中の石切り場下の池というか水たまりでは、なぜかニシキゴイが泳いでいました。

岩舞台の大広場から上を見上げたところ。
人工的な絶壁ではありますが、なかなかの迫力でした。

「ラピュタの壁」と名付けられた絶壁。
見渡すのにちょうど良い展望台がありました。

さて下見はここまでで良かったのですが、せっかくなので拝観料600円を払い、日本寺も参拝。
これは百尺観音。
1966(昭和41)年に完成したという、磨崖仏です。

高さが31mもある、薬師如来大仏。

地獄のぞきでは観光客に混じって記念撮影!

下山は観月台を経由する関東ふれあいの道へ。
途中の展望地から見上げた鋸山は、名前の通りギザギザが連なった、とても印象的な姿でした。

◆   ◆   ◆

今回下見をした鋸山は、風の旅行社主催の登山ツアー「邦岳探訪の旅」で登る予定です。
コースは今回の行程から、日本寺の参拝のみカットして歩きます。

意外と複雑で、道の解りにくい鋸山です。
興味のある方は、ぜひご参加いただければと思います!

お申し込みは、以下のリンク先から風の旅行社へご連絡ください。
よろしくお願いします!


▼参考書籍

今回登ったコースとは異なりますが、鋸山の詳細が記されています。
紙の本ではなくて、Kindle用の電子書籍です。
Kindle、またはKindleアプリをインストールしたスマホやPCで読むことができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿