2015年9月17日

2015年9月15日 西丹沢・畦ヶ丸下見。

おとといは、11月に実施予定の登山教室の下見で、西丹沢の畦ヶ丸へ。
ちょうど月末に同じコースを予定している別団体があったので、そちらのスタッフと一緒に行ってきました。

私は畦ヶ丸はこれまで2回登っているのですが、最後が1995年9月とちょうど20年前!
記憶がかなりあやふやだったので、確かめようと思ったのでした。

畦ヶ丸の見どころは、何と言っても本棚、下棚の2つの大滝です。
今回は大滝橋の登山口から頂上に登り、下山時に滝を見るコースで歩きました。
この写真の左が本棚(70m)、右が涸棚(120m)。
二つ並んでなかなかの迫力です。

それぞれの滝をアップで写したところ。
本棚は流水右手の凹角を登ることが可能なのだそうですが、私は試したことはありません。。
いっぽう涸棚は、1992年に取り付いたことがありますが、見た目と違って中間部が悪絶であり、2ピッチ登ったところで敗退。
流水中の藻を握って登るような場面もあって、非常に恐ろしかった記憶があります。。

こちらは、本棚よりやや下の支流に流れ落ちる、下棚(40m)。
これは上記涸棚の敗退後に登りました。
ラインは流水のやや左手を、2ピッチで抜けました。
当時はあまり難しくは感じなかったのですが、今こうやって見ると、けっこうツルツルで嫌らしそうです。。

写真が前後しますが、これは登りでたどった、大滝橋からの登山道沿いの沢の流れ。
一杯水避難小屋を過ぎた先で、このような美しいナメが続きます。

道は若干荒れ気味で、ややルートが解りにくい場面もありました。

大滝峠上から稜線上の道を進むと、立派なブナの木が点在する区間がありました。

畦ヶ丸の頂上。
さすがに20年経っていると、記憶はまったく残っていません。。

下山は善六ノタワ経由で、途中本棚、下棚に寄り道し、西丹沢自然教室へと下りました。

なお11月の登山教室の詳細は、現在まとめ中です。
今月末にはお知らせできると思いますので、もうしばらくお待ちください。

▼参考書籍

0 件のコメント:

コメントを投稿