2015年9月14日

2015年9月12日 榛名山外輪山縦走。

おとといは風の旅行社による登山ツアー「邦岳探訪の旅」のガイドとして、榛名山に行ってきました。

榛名山、と言ってもそういうピークがあるわけではなく、複数のピークから構成される総体を榛名山と呼んでいます。
最高峰は、山頂部にある榛名湖の西に位置する、掃部ヶ岳。

しかし今回は掃部ヶ岳ではなく、榛名湖南西側の天神峠から外輪山を反時計回りに進み、東に位置する相馬山を登るコースをたどりました。

これは天神峠から2つめのピークとなる、天目山からみた相馬山。
なかなか格好良い形です。

相馬山の取り付きには赤い鳥居があって、霊場を思わせる雰囲気です。
確かにコース上には、神々を祀る石碑が立ち並んでいました。

相馬山の核心部は、このはしご。
この先にも岩場、鎖場が点在して少々手強いコースでした。

相馬山の頂上、黒髪神社の前で記念撮影です。

ちなみに相馬山以外の外輪山の区間は、このような階段が多く設置されていました。
段差は少々広めなので、小さな方はちょっと苦労して登り降りすることになります。

コース前半では、美しい榛名湖を望みながら歩きました。


下山後の入浴施設

下山場所となるヤセオネ峠からバスに乗って10分余り下ると、伊香保温泉の石段街口に到着します。
そこから石段を登って右手の、伊香保温泉石段の湯で入浴をしました。
料金は410円。
設備はそれなり?ですがお湯はちょっと濁った、とても良いお湯ではしご登りの疲れを癒やすことができました。

0 件のコメント:

コメントを投稿