2015年8月6日

2015年7月31日~8月1日 富士山・プリンスルート。

7月下旬は北アルプスでの仕事が3回続いたのですが、最後は富士山に向かいました。

コースはプリンスルート
富士宮口新五合目から六合目に登り、そこから宝永遊歩道に入って宝永火口底を経て馬ノ背へ。
御殿場口下山道の走り六合を横断し、御殿場口登山道の六合目に合流。
そこから以降は、御殿場口登山道をたどる、というコースです。
2008年に皇太子が富士登山をする際に設定されたことから、「プリンスルート」の愛称が名付けられた、変則的なコースです。

宿泊したのは、御殿場口登山道七合五勺の砂走館。
小屋は東面を向いていて、日没後に登ってきた満月を、真正面から眺めることができました。
ちなみにこの時の満月は、ブルームーン。
“ブルー”と言っても月が青い訳ではなく、ひと月の間に2度の満月がある時の、その満月をブルームーンと呼ぶのだそうです。


1日目

入山日。
今回はバスツアーであり、新宿駅と羽田空港とで、お客様をピックアップ。
そこから富士宮口新五合目に移動して、登山開始。

毎年、とってもお世話になっている六合目雲海荘にご挨拶し、そこで富士宮口登山道を離れて、宝永遊歩道へ。

宝永火口底ではガスがかかって景色は見えなかったのですが、急登を登り詰めて馬ノ背に出たら、一気に視界が広がってきました。

「プリンスルート」の標識に従って、斜面をトラバース。
御殿場口登山道を目指します。

たどり着いた、砂走館での夕食。
おかわり自由のとっても美味しいカレーライスで、皆さんに大好評でした!

この後、夕食後にはブルームーンを眺めて、19時半には布団に入りました。


2日目

1時に起床し、1時50分に出発。
ヘッドランプを灯して、頂上を目指しました。

御殿場口頂上には、4時半に到着。
少し右手に移動したところで、ほとんど待たずに御来光を望むことができました。
背後を振り返ったら、モルゲンロートに染まる富士山最高地点・剣ヶ峰が。
その左手には、まだ沈まないでいた満月がありました。

御来光後の剣ヶ峰は、大行列!
我々もその中に入って、各自頂上での記念撮影をしました。

剣ヶ峰での記念撮影後は、そのままお鉢巡りへ。
西安河原の付近では、大沢崩れに影を落とす、くっきりとした影富士を見ることができました。

砂走館に戻って朝食をとり、下山は大砂走りへ。
それぞれのペースで、一気に駆け下り、正午過ぎには登山終了となりました。

ところで富士登山で、プリンスルートを目指す人はあまり多くないでしょうが、とても良いコースです!
宝永山から静かな登山道を登り、お鉢を巡って大砂走りを一気に下る、富士山の魅力が凝縮されたルートと言えるでしょう。
大勢が登る吉田口登山道よりも歩きやすく、見どころ多くて楽しめるので、富士山の各コースの中でも一番のオススメです!


下山後の入浴施設

今回は御殿場の、富士八景の湯で入浴。
入浴料は平日1,000円、休日1,300円。
今回の我々は、食事セットの団体割引料金でした。

広めの快適なお風呂で、食事も美味しく、富士登山の疲れをすっきり癒やすことができました。

▼参考書籍


0 件のコメント:

コメントを投稿