2015年7月30日

2015年7月26日~29日 北アルプス・奥穂高岳~前穂高岳。

もう1回、北アルプスへ行ってきました。
こんどは個人ガイドのご依頼をいただき、北アルプス・穂高連峰の奥穂高岳から前穂高岳を結ぶコースへ。
通称、吊尾根と呼ばれる縦走路です。

これは入山時に、上高地の河童橋から見た穂高連峰の姿。
写真中央から右側にかけて見える遠くの稜線が、吊尾根です。


1日目

入山日。
お昼に上高地バスターミナルでお客様と合流。
明神、徳沢を経て横尾山荘まで。

途中ですれ違った、ガイド仲間の川口くんと。
槍・穂高連峰はガイドが多く活動する一帯であり、こういった感じで友人・知人と出くわすことが少なくありません。

夕食後に、横尾山荘の前から見上げた前穂高岳。


2日目

稜線に上がる日。
横尾から涸沢に向かい、ザイテングラートを登って穂高岳山荘まで。

歩き始めは穂高連峰を代表する岩壁である、屏風岩を見上げながら進みます。

涸沢ヒュッテの展望テラスから見渡した涸沢カールの上半部。

ザイテングラートの登り。
午後の早い時刻に穂高岳山荘に到着し、ゆっくりと体を休めました。


3日目

穂高岳山荘から奥穂高岳に登頂し、吊尾根を縦走して紀美子平へ。
そこから前穂高岳をピストンし、重太郎新道を下って岳沢小屋まで。

5時からの朝食時は風雨が強く、予定よりも1時間半遅い7時に、レインウェアを着用して穂高岳山荘を出発。
奥穂高岳頂上に着く頃には一気に天候は回復し、堂々としたジャンダルムを望むことができました。

さらに遠くの雲もどんどん消えて、槍ヶ岳の姿も!

前穂高岳頂上。
この後の重太郎新道の下りも長く、けっこうくたびれました。。


4日目

岳沢小屋から上高地へ下山。

朝日を浴びる山肌を背にして、上高地を目指します。

岳沢名物の風穴。
涼しい風が吹き出してきて、とっても快適でした!

林道を横断し、岳沢湿原のきれいな景色を見て、上高地に戻りました。

▼参考書籍



0 件のコメント:

コメントを投稿