2015年4月18日

岩殿山で春の快適ハイキング。

山梨県大月市の岩殿山(いわどのさん・634m)を登りに行ってきました。

岩殿山は、JR中央本線大月駅の背後にそびえる山。
切り立った岩壁が特徴であり、中央本線の電車や中央自動車道からも良く目立つので、ご存知の方も多いでしょう。

登山口は大月駅前から線路を渡って約20分。
公園として整備されており、ほぼ階段を登って30分余りで山頂に到達することができます。

これは登山口から一段上がったところにある、丸山公園から見上げた岩殿山。
頂上へ続く階段は、この威圧的な岩壁の左手につけられています。

頂上の標識は、見晴らしの良い展望地に設置されていますが、本当の頂上はこの写真の烽火台。
戦国時代はお城があったこの山の、狼煙を上げるための場所だったところです。
しかし背後にアンテナ設備が立って見通し悪く、少々味気ないのが残念でした。。

岩殿山からは稚児落し方向へ縦走。
途中には、鎖場がいくつか現れます。

こんな感じで傾斜は緩く、登りやすくて楽しい鎖場でした。

一番高度感が出るのは、兜岩のトラバース区間。
しかし狭いものの足場はしっかりとあるので、慎重に行けば問題なし。

やがてたどり着いた、稚児落しの岩壁。

稚児落しはなかなか大きな岩壁であり、西から東へ上を伝って歩くことができます。

これは下山して、大月駅に戻る途中に見た岩殿山。
中央やや左のピークが岩殿山で、右奥に見えるのは扇山(おおぎやま・1137.8m)です。

岩殿山から稚児落しへの縦走コースはコンパクトですが、展望が開けてほどほどのスリルもある、とても良いコースです。
この先、ゴールデンウィーク辺りに登りに行ってみると、楽しいのではないでしょうか?

▼参考書籍

岩殿山を登る今回のコースは、この『東京近郊の山ハイク』に掲載されています。
このガイドブックは東京近郊の歩きやすい山を写真やグラフなどをふんだんに使って紹介してあり、初心者の方には最適だと思います!

0 件のコメント:

コメントを投稿