2015年1月25日

サルギ尾根から雪の残る大岳山に登る。

奥多摩の大岳山(おおだけさん・1266.5m)方面は先日歩いたばかりですが、今度はサルギ尾根を登って頂上に立ち、白倉に下るコースを歩いてきました。

これは大岳山頂上の様子。
霞がかかっているものの、薄っすらと富士山(ふじさん・3775.6m)の姿も見えています。
こういった日当たりの良い場所には雪はなかったのですが、北側の日当たりの悪い部分では残雪が凍結している部分も長く続きました。

サルギ尾根のスタートは、武蔵五日市駅からバスで約35分の大岳鍾乳洞入口バス停から。
目の前にはお手洗いも設置された養澤神社があり、そこで準備を整えて出発です。
目印は「高岩山」を示す登山道の標識です。

出だしはかなりの急登なのですが、決してそんなに長くは続きません。
この写真のような部分を過ぎると、あとは人工林の中のほどほどの傾斜の中を登っていきます。

小ピークに立ってなだらかになった尾根を進み、炭焼き窯跡を左に見ると再び急登。
地形図では岩記号も見える一角です。
ただし実際は、それほど急傾斜の岩場でもなく、点在する露岩を右に左にとかわしながら登るような感じです。

809mの小ピークを過ぎた先も、もう少しだけ岩場は出てきますが、次第に尾根は穏やかな様子に変わり、登り詰めると高岩山(たかいわやま・920m)の頂上です。
そこからはいったん大きく下ってから急斜面を一気に登り、左からくる尾根に合流してなおも続く急登を進みます。

たどり着いた小ピークにある、展望台。
背後には大きな大岳山も間近に見えてきました。

これは展望台から見た、御岳山(みたけさん・929m、左)から日の出山(ひのでやま・902.0m、右)に続く稜線の様子。


展望台の先、上高岩山(かみたかいわやま・1011.8m)付近からは少し前に積もった雪が溶け残り、凍結する部分が増えてきたために軽アイゼンを着用。
今回最も雪が多かったと思われる、芥場峠の様子は動画で撮影したので、ご覧になってみてください。

芥場峠を越えた先の登山道の様子。

こんな感じで、日当たりの良い雪のない部分と、日陰の残雪が凍結した部分とが交互に続いています。

山頂直下の大嶽神社からは、雪の道をしばらくたどり、あとは雪のない急な岩場を慎重に登って頂上に向かいました。

画像をクリックすると大きくなります。
これは大岳山頂上からの景色です。
丹沢山塊から富士山、大菩薩連嶺、三頭山(みとうさん・1531m)などを望むことができました。

下山は大岳神社にいったん戻り、そこからは馬頭刈尾根方面に向かって、白倉分岐から急な尾根を下降。
ここはかつては大嶽神社の参道だった道であり、途中にはその名残りである丁石があちこちに残っていました。

最後は里宮となる、大嶽神社に参拝し、家並みの間の狭い道を縫うようにして白倉バス停に下山。
芥場峠から白倉分岐の間以外ではほとんど人に出会わない、思いのほか静かな山歩きを楽しめた一日でした。

<参考コースタイム>

養澤神社(08:57)―高岩山(11:02)―展望台(11:45~12:10)―上高岩山(12:17)―芥場峠(12:43)―大嶽神社(13:23)―大岳山(13:45)―大嶽神社(14:10)―白倉分岐(14:45)―大嶽神社・里宮(16:13)―白倉バス停(16:28)


山旅ロガーの軌跡



▼参考書籍


左の2冊は、奥多摩のガイドブックの定番。
いっぽう右の2冊は、少しマニアックなバリエーションコースを多く取り上げたガイドブック的な書籍です。
しかしいずれの本にも、今回のサルギ尾根は掲載されていません。

0 件のコメント:

コメントを投稿