2015年1月24日

勝手気ままな国分寺緑地の猫たち。

今日は予定していた仕事が不催行(参加者が集まらなかったのです。。)になってしまったため、自宅でおとなしく事務仕事。
しかし次第にやっていることが訳が分からなくなってきたので、気分転換に散歩に行くことにしました。

行き先はお鷹の道。
私の住む国分寺では定番の散歩コースです。

小さな小川の流れるひっそりとした小道を歩き、国分寺(これは地名ではなく、本当にあるお寺)の前へ。
そこからはお寺の前の門をくぐって、だだっ広い空き地になっている国分寺緑地のほうに足を向けました。
国分寺緑地は野良猫の溜まり場になっているので、ちょっかいを出して遊ぼうと思ったのです。

広い緑地を歩いていくと…さっそく、寝そべっている猫2匹を発見!
気持ち良さそうにゴロゴロしています。

写真を撮っていると、右側の黒猫が仰向けになってお腹を見せてくれました。
かわいい!

そう思って見ていると、少し向こうにもまったく同じ容姿の黒猫がやってきました。

お腹を見せてくれた猫は、力尽きてそのまま眠りに…。

いっぽう、もう1匹の黒猫は、何かを目指して一生懸命歩いていきます。

すぐ横で香箱座りをしている三毛猫も目に入らないようで、スタスタと歩き去っていきました。

こんどはそちらの三毛猫の写真を撮り始めると…。

三毛猫はおもむろに立ち上がって、

ノシノシとこちらに向かって歩いてきました。

ノシノシノシ。
私の足元までやって来たので、この後しばらくはナデナデタイムです。

ところが急に向こうを向いて、またノシノシと歩いて向こうへ行ってしまいました。
猫の気持ちというのは、良くわからないものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿