2014年12月31日

雪の北横岳、そして縞枯山へ。

マウンティンゴリラ登山学校で向かった北八ヶ岳の2日目です。

これは北横岳(きたよこだけ・2472.5m)を登ったあとに下った、坪庭から望んだ縞枯山(しまがれやま・2403m)方面。
雲が濃いめで、展望が今ひとつだったのが残念でしたが、少々厳し目の雪山気分が満喫できました。

とても快適だった北横岳ヒュッテ
朝ごはんをしっかりといただいてから、出発です。
外に出たら、トーテムポール(?)の天狗の鼻が真っ白でした。

ヒュッテ前の樹々も、積雪と樹氷がミックスして真っ白。
1年のうちでも、年末というのは寒さが際立つ時期です。

動き始めていきなりの急登を経て、樹林のまばらな頂稜部へ。

登り詰めた最初が、北横岳南峰(きたよこだけなんぽう・2472.5m)。
そこからわずかに北に移動した先が、最高点となる北横岳北峰です。

雲で展望に乏しく、けっこう寒かったので一気に下山。

北横岳ヒュッテの前も通り過ぎて、急な部分も過ぎ、坪庭の奥のほうを横断します。

急な段差を下りて、分岐は左へ。
いつも非常に愛想の悪いご主人(?)のいる縞枯山荘はスルーして、雨池峠へ。
ここが縞枯山の登り口となります。

雨池峠からしばらくの間は、雪の重みで横になった樹々を潜る場面が多くてくだびれました。
その先は樹林の中のトレースをたどって、順調に登っていきます。

やがて明るい、稜線部に到着。
登山道のある部分とは異なる、展望台に近い位置に出ました。
ここから展望台まで行こうか?とも思ったのですが、帰りの時間が心配だったこともあってそちらは割愛。

抜け出た部分から稜線を西に進み、縞枯山の頂上に到着。

ところで頂上からは、夏の登山道沿いに、尻セードで滑ったトレースがついていました。
我々もそのトレースを利用し、中腹までは一気に滑り下りることに。
登りのトレースと合流してからはそれを歩き、北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅へ。
ギリギリになってしまったものの、何とか予定したロープウェイの便に乗ることができて、楽しかった山行も終了となりました。

<参考コースタイム>

北横岳ヒュッテ(08:10)―北横岳南峰(08:21)―北横岳北峰(08:26)―北横岳南峰(08:33)―北横岳ヒュッテ(08:50)―三ッ岳分岐(09:00)―雨池峠(09:59)―縞枯山(11:05)―雨池峠(11:33)―北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅(11:52)


山旅ロガーの軌跡



▼参考書籍

0 件のコメント:

コメントを投稿