2015年1月15日

雑誌『岳人』の2015年2月号。

現在店頭に並んでいる、雑誌『岳人』に記事を書いています。

書いたのは全国各地の、その号の発行時期に登って楽しい山を紹介する、「とっておきの山歩き」のページ。
取り上げた山は、広島県の瀬戸内海に面した臨海都市・呉市の名峰である、烏帽子岩山(えぼしいわやま・410m)です。

標高の割には岩が多いというのは、瀬戸内海に面した中国地方側の山の特徴とも言えるのですが、それはこの山も同様です。
名前の通りの岩場が目につく山であり、クライミングの対象にもなっています。

この記事で紹介した一般コースであっても、ほどほどの岩場が現れて、緊張する場面も。
観光などで呉方面に出掛ける機会があれば、ぜひ登ってみると楽しいでしょう。
登山そのものは、半日程度で終わるお手頃コースです。

0 件のコメント:

コメントを投稿