2015年1月28日

まだ間に合う!『デジタル山の便利帳2015』。

※以下の件、ダウンロード期限を過ぎました。
  次は2016年の『山と渓谷』1月号で試してみてくださいね。

ぎりぎりの情報で、すみません!

山小屋連絡先などの全国の主要登山地情報をはじめ、登山用具店一覧、山々の標高データ集などが載っている、登山者必携とも言える山の便利帳
毎年、雑誌『山と渓谷』1月号の付録として付いてくるものです。

しかし数年前より、山と渓谷社では1月号を買った人を対象として、PDF版の便利帳のプレゼントサービスを始めています。
紙の便利帳と一緒じゃないか、と思うかもしれませんが、これはとても便利です!
PDFの検索機能を利用して、必要な箇所をすぐに探し出すことができます。
それに何といっても、山に持参するスマートフォンやタブレットにダウンロードしておけば、電波のない場所であっても山小屋の連絡先など各種山岳情報を確認することができるのです。
登山関係の仕事についている人だけでなく、毎月のように山に登る活動的な登山者であれば、必携とも言えるものでしょう。

今年のバージョンである、『デジタル山の便利帳2015』のダウンロード期限は、1月31日。
今週いっぱいです!
まだ入手していない方は、これをきっかけにぜひダウンロードしておくことをお勧めします。

ということで、ダウンロードした『デジタル山の便利帳2015』と、紙の冊子である『山の便利帳2015』。
特にダウンロード回数の制限などはなく、PC、タブレット、スマートフォンのいずれにもダウンロードできます。

こんな感じで、主要山岳の日の出と日の入の時刻など、細かい情報が記載されていて本当に便利!です。

さらに今回は特典として「南アルプス全エリアMAP」のデータもダウンロードできるのです。
(昨年は八ヶ岳でした)。
これもとても便利であり、登山中に参照するだけでなく、登山前のプランニングにも活用できるでしょう。

●ダウンロード方法

『山と渓谷』2015年1月号が必要です。
下記のアドレスにPCやタブレット、スマートフォンでアクセスすると、1月号を持っていないと解けないクイズが出てくるので、それに正解するとダウンロードページにアクセスできます。


答えを教えて…などと言う人もいますが、それは無理!
クイズはランダムにいろいろなものがあるので、手元に1月号がないと、答えるのは難しいでしょう。

1月号の入手方法は、今からAmazonで注文しても、ちょっと遅いかも?
東京在住であればカモシカスポーツなどの登山用品店や、大手書店に行けばバックナンバーも置いてあるでしょうが、地方にお住まいでしたらそいういう入手方法は無理です。
そこでタブレットやスマートフォンをお持ちの方には、Kindle版がお勧めです。
リーダーのアプリは無料ですし、雑誌本体のデータの値段は762円と、紙の本よりも472円も安くてお得です!

▼Amazon・Kindle版へのリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿