2014年12月6日

小仏城山東尾根から高尾山へ。

マウンティンゴリラ登山学校山岳ナビゲーション講座で、高尾山(たかおさん・599m)近辺の道のない尾根を歩いてきました。

これは講習終盤の、一般道の稲荷山コースでの写真。
受講生の方のフリースに着いている白いものは、雪です。
お土産物屋さんに聞いたところ、今年の初雪なのだそうです。

今回、登路に選んだのは小仏城山東尾根
JR高尾駅から小仏に向かうバスの途中にある、日影バス停から城山(しろやま・670.3m)に向かう明瞭な尾根です。

しかし高尾駅前のバス停は大混雑!
ご参加者がお元気な方ということもあり、その混雑は敬遠して登り口まで歩くことにしました。
電柱「中継支6」を目印に日影沢を渡り、東尾根を目指して登っていきます。

東尾根は登山道整備はされていない、顕著な目標物は乏しい尾根ですがその中でも最も解りやすいのはこれ。
御料局三角点です。
かつて宮内庁御料局が管理していた、皇室の財産であった国有林に設置されていた、変わった三角点なのです。

等高線を読み、尾根の合流点などを確認しつつ、人工林を抜けるとやがて前方に、電波塔が。
城山頂上から少し北に設置された、顕著なランドマークです。

電波塔の下を通って、三角点の立つ城山の頂上へ。
写真には写っていませんが、大勢の登山者で大混雑です!
それでもたくさんあるベンチの一角に座り、ここでお昼ご飯をいただきました。

城山からは、複雑に交錯する登山道を選びつつ、目的のコースをたどる練習をしまいした。
これは途中の展望ポイント・一丁平。
丹沢山塊の山並みを一望することができました。

さらにもみじ台を通過して、高尾山の山頂へ。

これは高尾山の三角点。
やはり写真には写っていないのですが、周囲の人の多さは城山以上!
街中と変わりない服装で歩く人も多く(思えば私が初めて高尾山に登ったときもそうでした)、山というよりは観光地といった様相でした。

下山は琵琶滝のある沢を渡って稲荷山コースへ。
私が指示するやや難解なコースも、受講者のお二人は地形を判断してしっかりとそちらに進みます。
短い時間ながらも、山岳ナビゲーションの基本をご理解いただけたようで、とても嬉しく思いました。

<参考コースタイム>

JR高尾駅前(08:31)―日影バス停(09:20)―御料局三角点(10:19)―城山(11:27~11:54)―一丁平(12:11)―もみじ台(12:46)―高尾山(12:55)―京王高尾山口駅(14:40)


山旅ロガーの軌跡



▼参考書籍

0 件のコメント:

コメントを投稿