2014年11月28日

晩秋の湯河原幕岩へ。

箱根の外れ、伊豆半島の東側の付け根に位置する、幕山(まくやま・626m)の南側中腹に広がる幕岩。
この幕岩は、かつては私も通った関東近辺では人気のクライミングエリアです。
今回は大学生の若者と一緒に、久しぶりにこの幕岩を登りに行ってきました。

これは起点となる、幕山公園から見上げた幕山中腹の様子。
正面に見える岩はかつてのてんとうむしロックというエリア。
ヘイ・ジュード(5.10c)などの短いけれども良いルートが揃っていたのですが、現在はクライミング禁止になっています。

まずは幕山公園から一段上がったところにある、登山口から歩き始めて頂上方向へ。
やがて左手に見えてくる、まとまった岩場が茅ヶ崎ロック
いつも大勢のクライマーで賑わっているところです。

同行の若者は、おニューのクライミングシューズ。
トップロープを張って、いんちきするな(5.8)に取り付きます。

この手のクライミングは初めてとのことで、立ち込みに苦しみましたが、決して難しいルートではないので順調に登っていきます。

体慣らしをした後は、荷物を持って上部エリアへ。
今回はクライミングそのものよりも、もっと山で役立つノウハウの練習にしたいと思い、悟空スラブに向かったのでした。

下から見上げた、悟空スラブの全景。
長いけれども傾斜の緩い岩場です。

紅葉の中、背後に海の見ながらのクライミングはなかなか気持ちの良いものでした。
何より、あんまり難しくないので気が楽です!

しかし残念なことに、2ピッチを登ったところで雨が降り出してきてしまいました。。

やむを得ず、懸垂下降2回で取り付きに戻り、これで終了としました。
周囲の山々の紅葉の色付きが深く、秋も終わりに近づいていることが感じとれました。

▼参考書籍


左は定番のフリークライミングルート図集。
もちろん湯河原幕岩も載っています。
いっぽう右では、幕山のハイキングコースが取り上げられています。
これからの時期は冬晴れで展望が良いので、ハイキングで幕山を登るのも楽しいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿