2014年9月23日

秋を感じさせる奥出雲の玉峰山。

これまでNHK文化センター米子教室の「つきイチ健康登山」や「さわやかトレッキング」のアシスタントを務めてくれてきた、島根県在住の若い山仲間に誘われて、奥出雲の玉峰山(たまみねさん・820.4m)を登ってきました。
島根県東部では人気の高い、ハイキングコースです。

秋らしい青空の広がる、玉峰山の頂上。
いつまでも消えない飛行機雲が、すーっと伸びていました。

車で玉峰山森林公園まで行って、駐車場の奥にある登山道入り口から歩き始めます。
最初は少し寄り道をして、右手の雄滝方向へ。

沢沿いの道をわずかに歩いて、雄滝の下に到着。
流れは細いですが、神秘的な雰囲気を持つ滝です。

そこからはジグザグの登山道を歩き、小窓岩のトンネルを通過。
反対側からは岩の上に立つこともできました。

その先の登山道の傍らにはススキの穂も目立って、いよいよ秋本番という感じ。
たどり着いた頂上ではベンチに腰掛けて、お昼ご飯をいただきました。

頂上からは登ってきたのとは反対方向の尾根筋へ。
ところどころに安置された、石仏を巡りながら下っていきます。

やがて沢筋に向かって急に高度を下げると、雌滝の下に着きました。
大きなチョックストーンの下を流れる、雄滝同様の神秘的な滝でした。

この後も小さな滝の脇を通って林道に出て、あとは少し登り返すようにそれをたどり、玉峰山森林公園の駐車場に戻りました。

<参考コースタイム>

玉峰山森林公園(10:14)―雄滝(10:12)―玉峰山(11:38~12:16)―雌滝(13:14)―玉峰山森林公園(13:36)


山旅ロガーの軌跡

赤線左寄りの玉峰山森林公園を起点にして、反時計回りで歩きました。


下山後の入浴施設

下山後は車で5分足らずの位置にある、玉峰山荘で入浴。
鳥取県米子市近辺の日帰り入浴施設の中でも、最も快適なものの一つ。
私も大好きなお風呂です。
入浴料は510円です。

▼参考書籍

0 件のコメント:

コメントを投稿