2014年9月14日

白出沢を下って新穂高へ下山。

大混雑の穂高岳山荘で、寝たのか寝ていないのか、良くわからない一夜を過ごした翌朝も、すっきりとした晴天!
小屋の前に出て、大勢の宿泊者の人たちと一緒に日の出を待ちました。

9月の穂高の朝はけっこう寒くて、震えそうになって待っていると間もなく、常念岳(じょうねんだけ・2857m)の右手から太陽が。
この夏も何度も見ている山での日の出ですが、何回見てもいいものです。

日の出と同時に山肌は、モルゲンロートで赤く染まりました。
やがてそれも普通の太陽の光に変わり、日の出のひと時は終了。
ぞろぞろと山荘内に戻って、しばらく並んでから朝食です。
定番の朴葉みそを美味しくいただきました。

朝食後は下山準備をして、穂高岳山荘の裏手に回りました。
目の前には明るい朝の光を浴びる、笠ヶ岳(かさがたけ・2897.5m)の姿が。
今回の下山コースは、この笠ヶ岳を見ながら急なガレ場を下る、白出沢をたどりました。

左は上から見下ろした白出沢の様子。
右はある程度下ってから見上げた白出沢上部の様子です。
どこまでもこんな感じのガレ場が続きます。

これは白出沢を1時間半近く下ったところから、上を見上げた写真です。
足元には緑も目立つようになってきましたが、まだまだガレ場です。。

結局、ガレ場を1時間45分下って、荷継沢を横断。
ここからは白出沢右岸のトラバース道へと入ります。
続けて鉱石沢も横断。

やがて左手には、白出大滝の姿が見えるようになってきました。
傾斜は緩いもののなかなか立派な、大きな滝です。

さらに右岸のトラバース道を行き、はしごで沢床に下ってこんどは左岸の道へ。
ここら辺はあまり穂高らしくない、やや黒部の谷沿いの登山道を思わせるような雰囲気です。
その先間もなく傾斜は緩くなり、樹林の中をどんどん下ります。

登山道を下りきると、右俣林道に合流。
あとはこれを左に進んで、新穂高へと戻りました。

ちなみに新穂高からは新穂高ロープウェイの下半部のみを利用。
なべらいらこうげん駅まで行って、そこから徒歩約20分で鍋平園地の駐車場へ。
車に乗って帰ろうとしたら、県道475号は路上駐車をする車両が多数で通行困難と係員の人に言われたので、裏手の別荘地を回って帰路につきました。

<参考コースタイム>

穂高岳山荘(06:20)―荷継沢(08:05)―鉱石沢(08:36)―右俣林道合流点(09:50)―穂高平避難小屋(10:31)―新穂高(11:12)

▼参考書籍

0 件のコメント:

コメントを投稿