2014年5月18日

奥秩父の岩山・瑞牆山へ。

風の旅行社による登山ツアー「邦岳探訪の旅」のガイドとして、奥秩父の瑞牆山(みずがきやま・2230.2m)へ行ってきました。

ところで今回のツアーは当初は、不動沢から頂上に立ち、富士見平経由で瑞牆山荘前縦走コースに下る、縦走コースを予定していました。
しかし今回は不動沢コースの残雪量が多いということで断念。
瑞牆山荘前からのピストンに変更してツアーを実施させていただきました。

それでも空気が澄んで頂上からの展望は良く、予定通りのコースを歩けなかったにもかかわらず、お客様には喜んでいただけたツアーになりました。
写真は瑞牆山の頂上から見た、富士山(ふじさん・3775.6m)の様子です。

駐車場がたくさんの車で溢れかえっている瑞牆山荘の前でバスを降りて、準備体操をしてスタート。
瑞牆山頂までは、ちょうど4.0km!
最初はなだらかですが次第に急になってくる登山道を、ゆっくりと進んでいきます。

やがて1722mの尾根に出るところで、カラマツの新緑の向こうに瑞牆山の姿が見えてきました。

さらに進んで、富士見平小屋の前で小休止。
しばらく前までは荒れて廃墟みたくなっていたのですが、今はシックな感じの良い山小屋として営業していました。

富士見平からは金峰山(きんぷさん・2595.0m)に向かう道と分かれ、尾根を巻いて一旦天鳥川まで下りきります。
川を渡って桃太郎岩の前を通過すると、いよいよ本格的な瑞牆山への登りの始まりです。

階段2つに鎖場も少しだけある急登を、どんどん登っていきます。
あまり展望はないのですが、なぜかつっかえ棒のある大岩を見たり、胎内くぐりをしたりと、気を紛らわしながら一気に高度を稼ぎます。

やがて頭上にど~んとそびえる、大ヤスリ岩の基部へ。
大ヤスリ岩は私も3回登っている、思い出のある岩峰。
(人工登攀で登れるので、あまり難しくはないのです)
ここからがいよいよ、最後の登りです。

石のゴロゴロした斜面を登り詰めて、まずは不動沢コースとの分岐へ。
こうやって見るとまだまだ残雪多く、倒木もあって歩く人はいないようです。

そこからは頂上北面のバンドを伝うのですが、残雪が多く滑りやすい状況でした。
ただし山に慣れた人であれば、アイゼンなどはまったく不要な程度の残雪量でした。

岩の段差を2つばかり越えると、いよいよ瑞牆山の頂上です。
北側に背の高い木立があって360度とはいかないものの、周囲の山々を見渡す絶景!
若干雲があって遠くの山は見え隠れする感じだったのですが、金峰山や八ヶ岳、南アルプスなどの絶景を満喫しました。

また先ほどは頭上にそびえていた大ヤスリ岩を見下ろすというのも、面白い感覚でした。

頂上には15分ほど滞在して、下山前にみんなで記念撮影。

下山は往路を引き返しましたが、富士見平の水場では少し多めに時間をとって休憩。
ここは本当においしい、私も大好きな山の水場なのです。

<参考コースタイム>

瑞牆山荘前(10:16)―富士見平(11:09~11:19)―天鳥川(11:50~12:10)―不動沢分岐(13:47)―瑞牆山(14:00~14:15)―不動沢分岐(14:24)―天鳥川(15:48)―富士見平(16:23~16:35)―瑞牆山荘前(17:10)


山旅ロガーの軌跡


▼参考書籍

0 件のコメント:

コメントを投稿