2014年3月15日

雑誌『山と渓谷』の2014年4月号。

現在書店に並んでいる、雑誌『山と渓谷』の4月号に記事を書いています。

書いたのはいつもと同様、週末に楽しむローカル低山を紹介する「郷山めぐり」のページ。
取り上げた山は、島根県出雲市の鼻高山(はなたかせん・536.3m)。
いわゆる“出雲北山”と呼ばれる山並みの最高峰です。

意外と情報のない出雲北山を取り上げた記事なので、読んでみてくださいね!

他には、友人の橋尾歌子さんが書いた「雪の荒川岳・赤石岳縦走」の記事が、力作でお勧めです。

そのすぐ後には、やはり歌子さんの新連載「それいけ避難小屋」のページが続いています。
取り上げられているのは、なんと氷ノ山(ひょうのせん・1509.8m)山頂避難小屋。
このブログを読んでくださる中にも、中国地方にお住まいの方は多いのですが、その皆さんにもきっと楽しめる記事だと思います。

また特集は、「1週間でマスター! 読図トレーニング」。
これまでも解りやすい読図の解説記事は多かったのですが、今回は特に解りやすいものだと思います。

私も昨年は3回、鳥取で読図講習会を実施して好評だったのですが、今年もこの記事を参考にして、東京と鳥取とでまた読図講習会を実施したいと考えているところです。
詳細は決まったらまたご案内いたします!

▼関連エントリー

春の雪をかぶった大山の山麓で読図講習会。 (2013年4月14日)
初夏の宝仏山で読図講習会。 (2013年5月12日)
頂上で劇的に晴れた甲ヶ山。 (2013年6月16日)

0 件のコメント:

コメントを投稿