2014年3月17日

スギ花粉に苦しみつつ登った広島西部の大峰山。

中国百名山のうちの三座を登る山旅の二座目は、広島県西部の大峰山(おおみねやま・1050m)へと向かいました。
先に登った窓ヶ山(まどがやま・714.4m)から下山して、車で約30分の移動でした。

これは登山口である、下川上の別荘団地から見上げた大峰山。
なかなか堂々たる山容です!

登山口の標高はちょうど500mくらいなので、頂上までの標高差は、550m。
ほどほどの登り応えです。

最初の難関は、なんと別荘団地の奥へ行くまでの車道。
思いのほか傾斜が急であり、少々くたびれました。。

一番奥まで行くと、貯水槽の右横に本当の登山口があります。

しかし登山道に入ると…ご覧のような、杉林!
この頃はもう午後で、気温も上がって花粉が飛びまくっています。

「はくしょん!」
(鼻水ズーズー)
「はくしょん、はくしょん!」

以降はもうずっとこんな感じで、満足な会話もできないくらい。
今回の参加者も私も、全員が花粉症だったのでした。。。

ところでこの山は、二合目、五合目、七合目の3ヶ所のみ、このような合目標識がありました。
地元企業の皆さんが設置されたものなのでしょう。

そして七合目の先からが、この山では一番の急登です。
連続する階段を、くしゃみをしながら登っていきます。。

やがて「山頂までもう少し」の看板が出てくると、傾斜が緩んで歩きやすくなりました。

間もなく現れた三角点から、30mほど進むと頂上です。

ここまではずっと樹林の中だったのですが、頂上直下に来て急に岩場になりました。

そして頂上は、奥の一番高い大岩の上です。

そこへ行くには、ガイドブックには「ハシゴを伝って登る」と書いてあるのですが…ハシゴではなく、半分に分解した脚立です。。
グラグラするので不意にバランスをくずしたりしないよう、私が押さえている間にお客様には通過していただきました。

たどり着いた、大峰山の頂上。
周囲から突き出た岩の上の頂上というのは、なかなか気分がいいものです!

頂上の北から西にかけては西中国山地の山々が、そして南から東にかけては瀬戸内海が見えている、はずなのですがどうも薄ぼんやりとして、見えるものをはっきりと特定できませんでした。

少々時間も押してきていたので、頂上を後にしてからは一気に登山口まで下山をし、宿泊先へと向かいました。

<参考コースタイム>

下川上登山口(13:17)―二合目(13:36)―五合目(14:08)―七合目(14:35)―大峰山(15:00~15:17)―七合目(15:36)―五合目(15:53)―二合目(16:14)―下川上登山口(16:29)


山旅ロガーの軌跡

赤線の下が下川上登山口、上が大峰山頂上です。
そして緑の濃いところが人工林(主にスギ、ヒノキでしょう)、薄い茶色が雑木林。

…う~ん、こうやって見ると、全行程の半分以上が人工林の中です。
花粉の飛散するこの時期に、こんな山を目指せば、花粉症の人はやっぱりくしゃみが止まらなくなってしまうでしょう。


下山後の宿泊施設

今回は翌日にもう一座、三倉岳(みくらだけ・701.8m)を登る予定。

宿泊先はどうしようか悩んだのですが、あまり料金の高くない宮浜温泉宮浜リフレクラブを選びました。
各部屋はベッドで、宿の作りも全般に洋風です。

可もなく不可もなしといった感じの宿とも思いましたが、料金を考えればお得とも言えるでしょう。

▼参考書籍

  

0 件のコメント:

コメントを投稿