2014年3月2日

第15回 広沢寺の岩場清掃集会。

今ひとつ天気が良くなくて、思うように登山ができない日が続いています。

この日も本来は写真を撮るために八ヶ岳へ向かう予定だったのですが、山岳地帯は大雪かも?という予報が出たために中止。

代わりに、という訳でもないのですが、広沢寺の岩場を守る会による、第15回目となる広沢寺の岩場清掃集会に参加してきました。

広沢寺の岩場を守る会の事務局は、私が所属する山岳会・Climbing Club ZOOの代表でもある、安村淳さん。

しかし私はいつも都合が悪かったり、それよりも一昨年までは鳥取県民だったので参加はできませんでした。
従って今回が初参加なのです。

集合は岩場のやや下の駐車場に午前8時半。
参加者をお迎えする受付係も、みんなClimbing Club ZOOのメンバーです。

開会後は安村さん、その他主要参加者のご挨拶。
その後は以下の各班に分かれての清掃および登山道整備作業をすることになりました。
  • 1班 岩場と前の林道の清掃
  • 2班 日向薬師林道の清掃
  • 3班 見城山登山道の整備
  • 4班 なごみヶ丘公園の整備

私は何となく、3班の見城山登山道の整備をすることに。
しかし整備そのものは地元の方が行うそうで、我々の役目は必要な木材を担ぎ上げること。

大きなザックでもあればもう少しは楽だったのでしょうが、腕で担いで山の上まで木材を運ぶというのはなかなか大変であり、かなりくたびれました。。

それでも無事に作業終了し、最後は無名山塾岩崎元郎さんよりご挨拶をいただいて、会は終了となりました。

終了後には地元の方からの差し入れで、豚汁をいただきました。
とても美味しく、私は3杯もいただいてしまいました!

ところで私は広沢寺の岩場は実はそんなに登ったことがありません。
山を始めてから1998年の春までは横浜に住んでいたので、その頃はよく訪れたのですが、以降はたぶん5~6回しか登っていないと思います。
最後に訪れたのは2004年の2月7日、ちょうど10年前です。。

そういうわけで、この近辺に来るのも10年ぶりなのですが、あちこちに造りの良い石仏があってびっくり!

今回ざっと見ただけでも、双体道祖神青面金剛を彫り込んだ庚申塔などがあって興味をひかれました。
私は石仏が大好き!なので、近いうちにクライミングではなく、石仏巡りでまた広沢寺を訪れてみたいと思いました。

▼参考書籍

0 件のコメント:

コメントを投稿