2013年8月9日

登って下って、槍ヶ岳の肩へ。

槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)を登るツアーの3本目(これで最後!)の2日目は、横尾山荘で朝食をとることができました。
これまでは関西発着2泊3日の日程だったのですが、3本目のみ3泊4日と少し余裕があるためです。

ということで食事指定時間の午前5時の少し前に、食堂前に並んだのでした。
これが横尾山荘の朝食メニュー。
シンプルながらも、とても美味しくいただくことができました。

朝食後は順調に進み、槍沢ロッヂを経て槍沢左岸の道をどんどん登っていきます。
前の2回に比べると時間が少し遅いので、昼真っ盛りの暑い中に登っていく感じです。

途中のコバイケイソウの群落も、真っ昼間の光の下で元気そうでした。

さらに登って、グリーンバンドのところでいよいよ槍ヶ岳に対面です!

ところが少し事情があって、お客様のお一人が急遽、槍沢ロッヂまで引き返すことに。
お一人で下っていく訳にもいかず、私がお供をすることになりました。

無事にそのお客様を槍沢ロッヂまでお届けし、改めて仕切り直しでその日の宿泊先である、槍ヶ岳山荘を目指します。

もう夕方近い時間でもあり、歩いている登山者はほとんどいない状態。
殺生分岐からが最後の急登ですが、一気に登ってしまうことにしました。

結局、槍沢ロッヂからは3時間足らずで槍ヶ岳山荘に到着することができました。
山荘前では、夕食を待つ登山者が大勢くつろいでいました。

一方、私のツアーの皆さんは、シエラガイドツアーの山本史朗ガイドに率いられて、全員無事に穂先(槍ヶ岳の頂上)に登頂。
しかし混雑のため時間を要したようで、ちょうど下山してくつろぎ始めたところだったのでした。

ひと息ついたところで、いよいよ夕食です。
この日は横尾~槍沢ロッヂ~グリーンバンド~槍沢ロッヂ~グリーンバンド~槍ヶ岳山荘と、たくさん歩いたのでお腹も減って、ご飯もたくさんいただいてしまいました。

夕食後に見上げた、槍の穂先。
夕日を浴びて、なかなか美しい姿です。

頂上から夕焼けを見ようというのでしょうか、日没近いその時間でも、穂先には思いのほか多数の登山者が取り付いていました。

▼参考書籍

0 件のコメント:

コメントを投稿