2013年8月17日

日本の急登・第2番目に選ばれた黒戸尾根へ。

シエラガイドツアーのお仕事で、甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ・2967m)へ行ってきました。
ルートは標高差2200mの急登で知られる、黒戸尾根!

しかしツアーとは言っても、お客様は3人でスタッフは私1人。
形態としては、完全に個人ガイドでした。

JR韮崎駅でお客様と合流し、そこからタクシーで竹宇の駐車場へ移動。
歩き始めて間もなく、真新しい竹宇駒ヶ岳神社の拝殿が現れました。

この拝殿はしばらく前、川に落ちた釣り人が軒下で暖を取ろうと思って焚き火をしたら、その火が移って全焼したという、何とも残念な神社でした。

少し前の登山地図にも「火災消失」という、痛ましい記述がされていたのですが、今ではこのような立派な拝殿が再建され、とても良かったと思います。
竹宇駒ヶ岳神社の左手の、この吊り橋を渡るといよいよ黒戸尾根の急登の始まり。

出だしのダラダラとしたジグザグ道を登り、横手駒ヶ岳神社の分岐を過ぎると、間もなく現れるのが刃渡りの岩場。
両側は鋭く切れ落ちてはいますが、しっかりした鎖が取り付けられ、足場はとても安定しているので特に難なく通過できます。

その先のはしごの連続する急登箇所を登り切れば、祠の立つ刀利天狗。

そこから黒戸山(くろどやま・2253.7m)の頂上を巻いて下ると、かつては小屋が立っていた五合目の平坦地に出ます。
ここまで来れば、宿泊先である七丈小屋までは、もうそんなに遠くはありません。

五合目小屋跡から少し下った鞍部には、このようなたくさんの石仏が!
石仏マニアの私にはとても楽しいところなのですが、今回は先を急ぎます。

この先も、はしごや鎖のかけられた急登が続きますが、それほど難しいところもなく、順調に進んで行きます。
やがて傾斜が緩んでくると、唐突な感じで七丈小屋へ到着。
受付をしたところ、我々はほんの少し奥にある第2小屋に泊まるように言われたので、そちらに向かいました。

ところでこの七丈小屋は食事にちょっと難があります。
内容はとても素晴らしいのですが、登山ハイシーズンであっても、16時を過ぎて食事を申し込んでも、一切受け付けてくれないのです。。

そのため、我々は万が一のことを考えて、私が食材等のすべてを担ぎ上げて、お客様に提供したのでした。
小屋の美味しい料理にはかなわないのですが、まあまあの内容だったのではないかな?と思います。。

そういうことで準備をした夕食を食べていると、夕暮れの時間になりました。
遠くには鳳凰三山(ほうおうさんざん・2840.4m)が見えていて、その上にも上弦の月が浮かんで、とても落ち着いた雰囲気の気持ちの良い夕暮れでした。

▼参考書籍
 

左は定番のガイドブックです。

一方右は日本の急登を特集した、雑誌『山と渓谷』のとってもマニアックな号。
P77に名急登トップ10が選ばれているので、参考までに記載しておきます。
1 北アルプス・剱岳 : 早月尾根 (標高差2259m)
2 南アルプス ・ 甲斐駒ヶ岳 : 黒戸尾根 (標高差2200m)
3 南アルプス ・ 赤石岳 : 東尾根 (標高差1580m)
4 北アルプス ・ 白馬岳 : 清水尾根 (標高差1810m)
5 飯豊連峰 ・ 飯豊山 : ダイグラ尾根 (標高差1635m)
6 南アルプス ・ 北岳 : 池山吊尾根 (標高差1950m)
7 北アルプス ・ 前穂高岳 : 重太郎新道 (標高差1570m)
8 中央アルプス ・ 空木岳 : 池山尾根 (標高差2010m)
9 屋久島 ・ 永田岳 : 永田歩道 (標高差1800m)
10 御坂山塊 ・ 富士山 : 御殿場口 (標高差2320m)
これによると、黒戸尾根は2番目に挙げられています。
確かに長くて急な箇所も多いのですが、同じような傾斜がずっと続く訳ではなくて緩急があり、下半部は樹林の中ながらも変化があって、意外と登りやすい尾根ではないかと、個人的には思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿