2013年7月9日

快適だったヘルンリ小屋。

いよいよ、マッターホルンを目指して出発することになりました。

初日はまず、ツェルマットからロープウェイに乗ってシュヴァルツゼーに移動。
宿泊先である、ヘルンリ小屋に向かいます。
目指すマッターホルンの山頂は、雲の中。
たどり着いた、ヘルンリ小屋。
チェックインは15時からとのことで、小屋の前でしばらく待つことになりました。

ちょうどお昼時でもあったので、小屋で食事を頼むことに。
私が注文したのは卵乗せロスティ。
ロスティというのは細く切ったジャガイモをお好み焼きみたく火を通したスイスの家庭料理。
とても美味しくいただきました。

15時少し前になって、やっとチェックイン。
日本の山小屋と同様の手続きをして、指定の部屋のベッドの、指定された番号のところで寝るごとになります。
料金は1泊2食付で80スイスフランでした。

部屋の様子は、こんな感じです。
この日は空いており、この部屋の2階の段に入ったのは我々二人のみでした。

小屋の中にはストーブもあって、なかなか快適です。

さて、夕食は19時から。
このヘルンリ小屋は、コース料理が食べれるということで、とても評判が良いのです。
まずは、スープ。

続いてメイン料理。
ゲシュネッツェルテスという、チューリッヒ料理です。
子牛肉の薄切りクリーム煮で、とても美味しいものでした。

そしてデザート。
シンプルですがボリュームもたっぷりで、大満足の夕食でした。

ところでヘルンリ小屋は、大改装工場の真っ最中。
タイヤと脚の付いたロボットみたいなパワーショベルが、20時過ぎまで作業を続けていました。
工事はこの後本格化し、来年のヘルンリ小屋は完全に営業停止になるのだそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿