2013年7月4日

ゴルナーグラートハイキング、

スイスのツェルマットに着いた翌日は、急速に天候が回復してきました。
移動疲れでかなり眠かったのですが、時差ボケ解消にもなると思い、早速ハイキングに行ってみることにしました。

コースは、ツェルマット近隣でも最もポピュラーと思われる、ゴルナーグラートまで登山鉄道で上がり、そこからツェルマットまで歩いて下るコース。
ツェルマット駅でチケットを購入し、登山鉄道に乗り込みます。
たどり着いたゴルナーグラート駅は、素晴らしい山岳展望台!
目の前にど~んと、ブライトホルンがそびえ立っています。

左に目を向けると、モンテローザとその右にリスカムの姿が
ありました。
本では知っていたけれど、初めて目にする山々。
感動です!

展望台で昼食後は、雪の多いハイキング道の最上部を敬遠して、登山鉄道でひと駅下り、そこからハイキングのスタートとしました。
見えている池はリッフェルゼー、大きな岩山はリッフェルホルンです。

歩き始めると、ゴルナーグラートにいた時は雲の中だったマッターホルンが、少しずつ姿を見せるようになってきました。

途中で上を見上げると、大きな動物の姿がありました。
シュタインボック、というのだそうです。

やがて眼下に見えてきた、ツェルマットの街に向けてどんどん下っていきます。

そして下るにつれ、マッターホルンの姿はよりはっきりと見えるようになってきました。

悪天候が続いていたというヨーロッパアルプスも、いよいよ夏を迎えたようでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿