2013年7月26日

再度燕岳、そして北燕岳へ。

燕山荘で一夜を過ごした翌朝は、思った程の好天にはならず残念…。
しかし風が強くて寒いものの、行動には特に差し支えない程度だったので、前日夕方に続いて再度燕岳(つばくろだけ・2762.9m)の山頂を目指すことにしました。

これは頂上直下のメガネ岩。
自然の造形の不思議さを感じつつ登って行きます。
燕山荘からひと登りで燕岳の頂上に到着。
前日は登頂を見送った方も頂上に立ち、これでメンバー全員が燕岳登頂となりました。

さて今度は少し時間に余裕があるため、燕岳山頂からは燕山荘と反対方向、北側へ尾根をたどります。
少し歩いた鞍部は見事なコマクサ群生地となっており、我々の目を楽しませてくれました。

さらにわずかな急登と露岩を突破して、北燕岳(きたつばくろだけ)の頂上へ。
立つ人の少ない静かな山頂であり、皆さんとてもご満悦の様子でした。

復路は燕岳頂上を西から巻いて、燕山荘に戻って荷物をまとめ、こんどは合戦尾根の下山です。

燕岳は北アルプス入門の山とは言いつつも、中国地方にはないくらいの大きさです。
大山(だいせん・1729m)よりも長い距離を歩いたためか、皆さん少々お疲れの様子??

それでも無事に、お昼前には中房温泉脇の登山口へ下山。

下山後は少し下った、有明荘で入浴、そして昼食もいただきました。

最後は名古屋から帰路に付く皆さんにお供をして、私も一緒に名古屋へ移動。
名古屋で人気の手羽先居酒屋『山ちゃん』で打ち上げをし、楽しかった3日間を振り返りました。

▼参考書籍
 
燕岳のコースガイドと言えば、この2冊あたりが定番でしょう。
私も活用しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿