2013年6月7日

ワイルドだった氷川屏風岩。

久し振りに奥多摩の、氷川屏風岩を登りに行ってきました。
奥多摩駅の裏手、ゴンザス尾根の急斜面の中腹に、そこそこの大きさで目立つ岩壁がその氷川屏風岩です。

今回のパートナーはちよちゃん。
Climbing Club ZOOのメンバーでも最年少の、期待のクライマーです。
今回は私は少し考えるところがあって、ゴチャゴチャこ汚いラインを登りたかったので、まずはアップも兼ねてBCコンタクトへ。
ルートグレードはIIIですが、意外と傾斜は急…というか、被り気味のところもあります。
まあガバがあるので簡単なのですが。

BCコンタクトの2ピッチ目は、C峰の5.12台のルートを目指すクライマーのアプローチ用のフィックスが下がっていました。

続けてジョーク(5.10b)にトライしましたが、登る人が少ないためでしょう、意外とコケが多くて砂っぽく、ガバには落ち葉やドロが詰まっていて苦戦。
大変にワイルドな感じです。。
テンション混じりで何とかトップアウトしました。

もう1本、アルパイン系ルートに行こうとと思い、次はトサカフランケ(IV)へ。
これは中間部のテラスから写した1ピッチ目なのですが、木や草の間を登っているような感じです。

それでも2ピッチ目は、簡単ながらも高度感のあるリッジの登りで楽しめました。

ちよちゃんはさらにイワタケカンテ(5.10b)にもトライ。
ここもあんまり良い状態ではありませんでした。。

あんまり目ぼしい成果はなかったものの、それなりに登って満足気分で下山。

この氷川屏風岩は、アプローチがかなりの急登であるため、クライマー、特にフリー中心の人には敬遠されているのでしょうか?
しかし急登とは言っても、たかが30分。
岩そのものはそんなに悪くはないと思うので、もっと多くの皆さんに登っていただければいいなと思いました。

▼参考書籍
 日本百岩場の32番にもなっている岩場です。

0 件のコメント:

コメントを投稿