2013年6月23日

ヤマツツジ咲く三窪高原。

新たに提携をした旅行会社でのツアーで、山梨県の三窪高原に行ってきました。

三窪高原は大菩薩と奥秩父を結ぶ柳沢峠に間近い高原で、少し前まではレンゲツツジの名所として知られていました。
しかし近年はシカの食害によってレンゲツツジは激減。
代わりに、という訳でもないのでしょうが、今回は写真のようなヤマツツジの花を、コース上のあちこちで目にすることができました。
柳沢峠を出発し、林道を横切って、とても歩きやすく整備された山道を進んでいきます。

やがて最初のピークである、柳沢ノ頭に到着。

柳沢ノ頭からは一旦下って、十字路へ。
このすぐ先が三窪高原なのですが、先に左手に位置する鈴庫山を登ることにしました。

滑りやすい階段を何度か下り、急な斜面をひと登りで、狭い鈴庫山の頂上へ。
山神を祀る石の前に、とても小さな山頂標識が置かれていました。

鈴庫山に登ったあとは、来た道を十字路まで引き返しました。
その十字路の、三窪高原への登り口の前には柵で囲われた一角があり、中には終わりかけのレンゲツツジが咲いていました。

十字路からはわずかな登りで、明るく開けた三窪高原の最高地点であるハンゼノ頭に到着。

眼下には塩山方面の町並みを見渡すことができましたが、雲の垂れ込めた空模様。
残念ながら期待した富士山を、見ることはできませんでした。

下山は大きな大菩薩嶺を正面に見ながら十字路まで引き返し、そこから左に進んで柳沢峠へと戻りました。

展望は今一つだったものの、梅雨の最中に雨に降られることもなく、ヤマツツジの中を歩くことのできた楽しい山行きでした。

下山後の入浴は、ほったらかし温泉へ。
ちょっとした山の上にあり、若干行きにくい場所ではあるのですが、展望の良い露天風呂が人気の温泉です。
この日も大勢の入浴客で大にぎわいでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿