2013年5月1日

残雪を伝って権現岳へ。

美し森駐車場で一夜を明かして、翌日は朝一で天女山駐車場へと移動しました。

準備を整え、雪の全くない登山道を出発。
今回目指した権現岳(ごんげんだけ・2715m)の登山は、この天女山登山口からの往復としました。
少し登った、天の河原と呼ばれる、展望地から見た景色。
遠くには甲斐駒ヶ岳(右)、そして北岳(中央)が姿を見せていました。

天の河原からしばらく進んだ急登箇所には、こんな標識が。
なかなか親切な感じです。

急登をひと頑張りでたどり着いた、最初のピーク…というよりも尾根上の大きな平坦地である、前三ッ頭。
背後に見えているのが、三ッ頭です。

前三ッ頭を過ぎて三ッ頭まで登ると、いよいよ南八ヶ岳の山々が間近に大きな姿を見せはじめました。
右が赤岳、そして左が目指す権現岳です。

いよいよ権現岳に向けての、最後の登りに差し掛かります。
しかし雪は少なく、登山道に残っている残雪を伝い登るような感じでした。

そしていよいよ、権現岳に到着!

今回の同行者は、初めて訪れた八ヶ岳の景観に感激したようです。
権現岳の狭い頂上に腹這いになって、向こうにそびえる山々を、いつまでも眺めていました。

頂上での展望を満喫した後は、往路を引き返します。
岩場はダウンクライム、残雪はキックステップで慎重に通過し、残雪期と呼ぶにはちょっと雪の少なかった権現岳から、無事に下山しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿