2013年4月3日

打田鍈一 『薮岩魂―ハイグレード・ハイキングの世界―』 出版記念会。

尊敬する低山登山家で山岳ライターの打田鍈一さんが、新著『薮岩魂―ハイグレード・ハイキングの世界―』の出版を記念して、記念会を催されました。
私もご招待を受けたので、大喜びで会場へ足を運びました。

会場はこちら。
「ビヤホール ライオン 銀座七丁目店」です。
ずっと前に、何かの集まりで一度だけ訪れた記憶があるのですが…何の時だったかは結局思い出せず。。
そしてこの方が打田鍈一さん。
今回の『薮岩魂』の表紙にもなっているし、雑誌『山と渓谷』にもたびたび登場されているので、お顔をご存知の方は多いかと思います。

私が初めて打田さんのお名前を目にしたのが、1988年に購入した『山と渓谷』に寄稿されていた文章を読んでからです。
その頃から西上州の薮と岩の低山のことを書いておられて、凄い面白そうなところだな、どんなところなのだろう西上州というのは、と、ずっと気になっていたのでした。
その後ご縁があって打田さんにお目にかかり、山行を共にしたのは2011年11月30日のこと。
『薮岩魂』のP61でも紹介されている、下仁田町の「堀口のメンチカツ」で作ったサンドイッチをいただいたりして、とても楽しい山行でした。

ところで今回の呼びかけ人の顔ぶれは、以下の通り。
横山厚夫さん (日本山岳会)
岩崎元郎さん (無名山塾主宰)
金 邦夫さん (元警視庁青梅警察署山岳救助隊)
笹原芳樹さん (カモシカスポーツ営業部長)
萩原浩司さん (山と渓谷社出版部長)
なかなか錚々たる面々です。

私も最近は、しばしば『山と渓谷』に登場させていただいているのですが、それを見ておられるとのことで、岩崎元郎さんにお声かけいただいたのは感激でした!
本当に私は、岩崎さんの書かれた入門書を熟読して山を学んだと言っても過言ではないので、こうやって同じ場にいるというのが、信じられないことでした。

他には、同郷でありながらこれまでお目にかかる機会のなかった高桑信一さんとも面識ができたのも嬉しいことです。
高桑さんは秋田県男鹿市の出身、私は隣接する秋田県南秋田郡天王町の出身なのでした。

その他も山岳関係の様々な皆さんとお話ができて、とても有意義なひとときを過ごしました。
このような場に紹介してくださった打田さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

これは記念会が終わった直後の一枚。
打田さんの隣に写る綺麗なお姉さんは小林千穂さんで、山岳書を得意としている編集者です。
私の所属するClimbing Club ZOOの会員でもあって、この冬は、八ヶ岳の阿弥陀岳南稜や、赤岳真教寺尾根などを私と一緒に登っています。

ということで立派なパーティーに招待されて、実はちょっとだけ不安もあったのですが、本当に有意義な時間となりました。

▼これが『薮岩魂―ハイグレード・ハイキングの世界―』です!
 私もP126「落沢岳~しれいた山」に登場しています。
満面の笑みをたたえた打田さんの写真がとてもインパクトのある本です。
ちなみにハイグレード・ハイキングとは、低山を対象としていますが道が不明瞭、または存在しないため、読図力が必要となる。
そして岩、薮があって、それを突破する技量がないと危険。
という、頭を体をフルに使うハイキング形式で、打田さんが提唱されているものです。

掲載されている山・コースは以下の通り。

初級編 手始めにプチ・ハイグレ

1 妙義山塊:妙義山中間道プラスアルファ
2 西上州:荒船山~立岩
3 西上州:シラケ山~烏帽子岳
4 西上州:西御荷鉾山-北尾根と若御子尾根-
5 西上州:帳付山~天丸山
6 西上州:高天原山~大蛇倉山
7 西上州:二子山
8 西上州:カイト山とぶどう山

中級編 ちょっとレベルアップ

9 妙義山塊:高岩
10 西上州:毛無岩
11 西上州:碧岩~大岩
12 西上州:大津~三ツ岩岳
13 西上州:高反山-東稜ルートと南稜ルート-
14 西上州:大山~大ナゲシ
15 両神山塊:天理岳
16 両神山塊:両神山・尾ノ内沢未知

上級編 ハイグレ本領発揮!

17 妙義山塊:山急山
18 妙義山塊:表妙義縦走
19 西上州:落沢岳~シレイタヌ山
20 西上州:桧沢岳北西稜
21 西上州:マムシ岩
22 西上州:品塩山
23 西上州:船坂山
24 西上州:大ナゲシ北稜
25 西上州:赤岩尾根
26 佐久:大原平

雪山編 低くても雪山三昧

27 上州:赤城山・黒檜山
28 上州:赤城山・長七郎山
29 上州:赤城山・鈴ヶ岳
30 中越:威守松山
31 中越:桂山
32 中越:大力山
33 中越:高山

息抜き編 たまには息抜き、遠くの山へ

34 西上州:笠丸山・大平コース
35 中越:権現堂山
36 中越:大力山縦走
37 下越:馬ノ髪山
38 下越:鷲ヶ巣山
39 下越:新保山
49 奥会津:鏡山
なかなか他では紹介されない、ユニークな着眼点で選ばれた山ばかりが取り上げられています。
とても貴重な一冊だと思いますので、ぜひお買い求めいただければと思います。

▼打田鍈一さんの、その他の著作など。
  

▼ついでに、小林千穂さんの著作は以下の通りです。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿