2013年2月9日

パラグライダー飛ぶ王子ヶ岳。

2ヶ月振りに、NHK文化センター米子教室の「つきイチ健康登山」を実施しました。

 
今回の行き先は、岡山県南部丘陵の王子ヶ岳(おうじがだけ・234.4m)。
渋川港から歩き始め、途中の矢出山(やでやま・159m)を越えると最初の見所である、ニコニコ岩に到着です。
ニコニコ、しているように見えるかな?


 
ニコニコ岩から少し進んだ、海方面に突き出した露岩からの展望。
瀬戸内海の海原が素晴らしい景観を見せていました。
写真中央やや左手の顕著な三角形の島は、大鎚島(おおづちしま・171m)。
登山の対象にもなっている島です。
そしてその手前の空中には、パラグライダーが気持ちよさそうに漂っていました。

 
さらに歩いて、王子ヶ岳の頂上へ。
ちなみに王子ヶ岳というのはこの一帯の総称で、最高地点となるこの頂上は、厳密には新割山(しんわりやま・234.4m)と呼ぶのだそうです。

 
お昼ご飯の休憩は、少し下った「東のボルダリングエリア」方面へ。
昼食後は少しだけ、ボルダリングにもチャレンジ。
これはグリコの岩のスラブ(7級)です。

 
下山は修験道の道へ。
色褪せた彩色仏画が、歴史を感じさせてくれるところです。

 
登山口まで下り振り返って見ると、なかなか迫力のある岩山です。
気が付けばパラグライダーはいつの間にか3機になっていて、降りてくる気配もなく、いつまでもぷかぷかと宙を舞っていました。
パラグライダーというのも楽しそうだね、と、皆で話して帰路につきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿