2013年2月3日

八ヶ岳の阿弥陀岳南稜へ(上部核心部)。

阿弥陀岳(あみだだけ・2805m)南稜の続きです。

 
ほぼ夜明けと同時に、テントを撤収して、出発。
青ナギの雪面を、ラッセルしつつ進んでいきます。
前方には阿弥陀岳の頂上が見えていて、モチベーションも高まってきました。


 
途中、なかなか厳しいラッセルの区間もありましたが、何とか突破して無名峰へ。
アイゼンを装着していよいよ、核心部に向かいます。
途中のP1を過ぎたところでは、このように雪庇の張り出した箇所もありました。

 
P2までは難なく通過し、いよいよP3です。
写真に先行パーティが写っていますが、この後、先を譲ってくれたので、私が先行でP3ルンゼに取り付きました。
岩は真っ白ですが、ルンゼ内はかなり岩が出ていて、ピッチグレードIIながらも、少々緊張して2ピッチで抜けました。
ルンゼ内はあまりにも寒くて、カメラを取り出す余裕がなく、残念ながら写真はなしです。。

 
続くP4は狭いバンドを渡って左から巻き、いよいよ頂上手前の小岩壁へ。
これは右の雪壁からかわし、最後の急雪壁を登りきって、いよいよ阿弥陀岳頂上へ。

 
たどり着いた、阿弥陀岳頂上。
天候に恵まれて、最高の展望を楽しむことができました。

この後は慎重に急斜面を下り、行者小屋を経て美濃戸口へと下山しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿