2013年2月24日

山野井泰史さんと猛吹雪の大山へ。

鳥取県米子市にお招きしていた、山野井泰史さん。
講演会を催した翌日は、早朝より大山(だいせん・1729m)を目指しました。

 
この日の目標は、北壁の別山バットレス中央稜。
そんなに難しくはないのですが、見栄えがすること、変化があることで、手っ取り早く大山北壁を1本という時には最適のルートです。
ポピュラーであり、私も今まで何度か登っているところです。

しかしこの日の天気は、雪…。
しかもけっこう風も強い状態です。。
午前4時半に大山寺を出発する予定だったのですが、結局もう少し様子を見ることに。
ルートをもっと短くて手っ取り早い、同じ北壁の八合尾根に変更しようかとも思ったのですが、どんどん新雪が降り積もってくる状況…。
これではとても、壁に向かうような感じではありません。
結局同行する岳獅会のメンバーとも相談をして、今回は夏山登山道からの往復に切り替えさせていただきました。


 
ということで大山寺の交番前で出発準備をしていたら、大きな紙を手にした若者が、この雪の中を近づいて来ました。
何?と思ったら、
「サインをください」とのこと。
その旨を山野井さんに伝えると、ニコニコしながらサインをしてあげていました。
良い人です。

 
大山寺の出発は5時20分頃。
トレースは薄っすらとあったのですが、どんどん雪に埋もれて何も解らなくなっていきました。
岳獅会の山田会長とmurasuzumeさん、それに私とでラッセルを交代しつつ、頂上を目指しました。

 
途中の七合目付近で、ブログ仲間のkinkachoさんがいたので声をかけたのですが、その頃は猛吹雪の状態であってろくな会話もできない状況。
そして完全にホワイトアウトの山頂台地を慎重に進み、やっと弥山の頂上に到着しました。
まあこの天気ではここまででしょう。
記念撮影の準備をする間も、横殴りの雪が吹き付けてきて、なかなか辛いところでした。

 
頂上避難小屋で休憩の後、同じ夏山登山道を下山。
すれ違う登山者の多くが、
「そちらの方は山野井泰史さんでしょうか?」
と声をかけてきてくださいました。
そして求めに応じて、登山中であっても快くサインに応じてくれた山野井さん。
本当に感謝です。

この日の夕方の飛行機で、米子を離れた山野井さん。
結局3日間の滞在中、一度も大山の姿を目にすることがなかったのですが、また訪れたいとおっしゃってくれました。
本当に嬉しいことでした。

▼山野井泰史さんの著書(Amazonへのリンク)
←kindle版    ←文庫本

山野井泰史さんの著書は、今のところこの『垂直の記憶』のみ。
文庫本は品切れとなりましたが(山と渓谷社にあった最後の20冊を、前日の講演会に回していただき完売しました)、すでに増刷が決まっているそうです。
その他、電子書籍のKindle版も用意されていて安価なので、デバイスをお持ちの方ならば、こちらのほうが読みやすいかもしれません。
一度は読んでおきたい、重要な山岳書としてもお勧めの1冊です!

2 件のコメント:

  1. きもとさん、こんにちは。
    せっかくお会いできたのに、いっぱいいっぱいでろくな対応も出来ず、穴があったら入りたいくらい恥ずかしいです。
    Kinkachoのパーティーの中にも山野井さんのファンの人が沢山いたので紹介したかった...残念です。
    出発時の山頂の吹雪で体力を削られてたのが、悔しいです。

    返信削除
  2. kinkachoさん、あの吹雪の中ではしょうがなかったですよ。
    猛吹雪の山頂台地から、風をまともに受けながら下ってきたら、みんなあんな感じです。

    しかし山野井さんはご紹介したかった…!
    もしかしたら次の機会は…う~ん、あるかな?
    あるようでしたら、またお知らせしますね!

    返信削除