2013年2月22日

世界最強アルパインクライマーとうさぎ。

東京から、皆さんご存知の山野井泰史さんを鳥取にお招きして、講演会を開くことになりました。
これは鳥取県山岳協会・海外委員会の主催事業ではありますが、山野井さんをお招きしたいと思ったのは私個人の考えであり、企画、交渉事、その他の段取りなど、ほとんど自分一人で進めてきたものです。
(広告の段階になってから、多くの皆さんのお力をお借りしました)

ということで鳥取県・米子市にやって来ていただいた山野井さん。
これまで日本の登山史に重要な記録を打ち立ててきて、今も様々な登攀を実践すべくいろいろ計画をしている最中の来県期間に、本当に申し訳なかったのですが、ほんの少しだけ私個人のために時間をお借りすることにしちゃいました。

 
来県直後、宿泊先にお送りする前に、我が家、いや別れた元妻の住む家に立ち寄っていただいて、愛兎・ぽこを抱っこしてもらいました。
良かったね~、ぽこ!


 
実は動物大好きな山野井さん。
うさぎの扱いも上手です。
抱っこが大嫌いなぽこも、山野井さんの腕の中でずいぶん長いこと、もぞもぞとしていました。

 
そんなことをしていると、
「みぁ~、みぁ~」
と言いながらみあがやって来たので、こちらも抱っこしてもらいました。
鼻先を近づけて、匂いをクンクンしながらご挨拶。
良かったね~、みあ!

 
本当はもう1匹、たぬきみたいな顔をしたぴいもいたのですが、この子は恥ずかしがり屋で抱っこどころか、顔を見に行くこともできないくらい。
キャットハウスの中にじっと隠れていたのでした。

ところでタイトルについ、「世界最強アルパインクライマー」とつけてしまいましたが、山野井さんに怒られてしまうかな?
山野井さんは1994年のチョ・オユー(8201m)から2000年のK2(8611m)の頃は、本当に世界最強を思わせる勢いでしたが、2002年のギャチュンカン(7952m)で凍傷を追い、何本かの指を失ってからは、力が落ちたというか、できないことが増えたみたいで、もう以前のようには登ることはできないそうなのです。
まあそれでも一時は、本当に世界最強だったかもしれない、その山野井さんに私のうさぎを抱っこして、しかも可愛いと褒めていただいたことは、本当に思い出に残る嬉しい出来事でした。

4 件のコメント:

  1. 山野井さんの講演、とても楽しかったです。
    このような会を開いていただき、すごく感謝しております。
    ありがとうございました。

    返信削除
  2. きもとさん、こんにちは。
    山野井さんとぽこちゃんのツーショットは反則なほど素晴らしいです。
    みあちゃんもめちゃなついているみたいで、山野井さんの人柄がしのばれます。

    返信削除
  3. 梨太郎さん、こんばんは。
    当日は会場にいらしてくださったのですね、本当にありがとうございます!
    山野井さんのお話は素晴らしく、私もいろいろと感激しました。

    返信削除
  4. kinkachoさん、こんばんは。
    実は山野井さんが動物好きであることを知って、ぽこを抱っこしてもらうことを目的に、山陰に招いたのです…な~んて嘘です。。
    と言いたいところですが、実は本当なのです!
    山野井さんはとても優しい方で、ぽこやみあをいつまでもナデナデしてくれました。
    感激でした。

    返信削除