2013年2月2日

八ヶ岳の阿弥陀岳南稜へ(下部樹林帯)。

また八ヶ岳に行ってきました。

 
今度の目標は、阿弥陀岳(あみだだけ・2805m)の南稜。
冬の八ヶ岳を代表する、名クラシックルートです。
実は私はまだここを登ったことがなく、初見参となるのでした。
スタートは舟山十字路から。
写真の林道を左に進み、旭小屋経由ではなく、広河原沢から直接南稜に取り付くコースへ向かいました。


 
広河原沢を離れて、南稜に向かう急登。
足元が不安定なところもあり、注意が必要です。

 
南稜に出てからは、直線的な尾根筋を、ひたすら立場山(たつばやま・2370m)を目指して登りました。

 
入山日の行程は、立場山を越えて、青ナギと呼ばれる開けた地点に出る少し前の地点まで。
小さな平坦地上にテントを張って、一夜を過ごしました。
すぐ向こうには、入山から一緒だった3人パーティの皆さんもテントを張っていました。

0 件のコメント:

コメントを投稿