2013年1月2日

iPhone 5のアプリ。

年末に、思い切って携帯電話の機種変更をしました。
それまではIS05というスマートフォンを使っていて、特に壊れたとかいうことではないのですが、旧式でかなり使いづらい状態だったのです。
(メモリ容量が少なすぎてGoogleとFacebookをアップデートしただけでもういっぱい、その他のアプリは一切インストールできない状態でした…)

 
ということで今更なのですが、使い始めたiPhone 5。
親しんだAndroidとはやや勝手が違いますが、まあ特に問題はありません。
そこでさっそく、使いたかったアプリをインストール!
まずは『山と高原地図』。
昨年の戸隠山(とがくしやま・1904m)の山行で、友人が使っていたのを見てずっと気になっていたやつです。
画面上に山と高原地図をそのまま表示して、そこにiPhoneのGPSを使って現在位置を表示してくれるというもの。
アプリそのものは無料ですが、画面に表示する地図(山と高原地図の分け方と同様のデータ)は1区画450円で購入しなければなりません。
それでもけっこう便利なので、良く足を運ぶエリアであれば購入しても絶対損はしないと思いました。


 
そしてこちらもぜひ使いたかった、『AR 山 1000』。
アプリを起動してiPhoneを山の方向にかざすと、山の名前を表示してくれるという素晴らしいものです。
これも昨年春に、一緒に仕事をした添乗員さんが使っているのを見て、気になっていたのでした。
画面中央にきた山は、名前だけでなく標高も表示してくれるのでとっても便利です。

 
さらにこの『AR 山 1000』は、起動したままiPhoneを水平にすると、自動的に地図表示になって、大雑把ではありますが現在位置を表示してくれます。
本当に使っていて楽しいアプリです。

今回は昨日の沼津アルプスでこの二つとも実際に使ってみましたが、本当に便利。
iPhoneには他にも便利で楽しいアプリがあるようなので、いろいろ試してみたいと思いました。

関連リンク(iTunes):
山と高原地図
AR 山 1000

0 件のコメント:

コメントを投稿